もう、このドレスに一目惚れ!

チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写真に、ふ〜っとため息をつきながら見惚れてしまいました。

女性のカラダを芸術品に。

Photo by @simoncecere

纏うのではなく、カラダの一部のようにフィットするドレス。あたたかさを感じる生身だからこそ、素材と女性の美しさが引き立っているように見えるんだ。それに、触ってみたいんだけど、触れてはいけない「高嶺の花」のような上品さも感じてしまうのは私だけだろうか?

あぁ、ずっと眺めていたい“一目惚れドレス”。

Licensed material used with permission by Paolo Sebastian, Paul Vasileff
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
ボリューミーなサイズも可愛いです。
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
一目惚れした女性と、早くお近づきになりたいと思う男性は多いものです。大学受験のために通っている塾で先輩に惹かれたけれど、学生だからアプローチの仕方が分から...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。Instagramの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは...