このゴージャスドレス、何でつくられていると思う?

年も明けてしばらく経ち、「2018年」の響きにも慣れてきた今日この頃…今更ながら、驚きの方法で新年を祝っていた人物を発見。

アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearssさんは、なんとクリスマスプレゼントのラッピングで、1週間後のニューイヤーのためのゴージャスなドレスを作ってしまうというツワモノ中のツワモノなのだ。

この取り組み、ここ数年つづけて行なっているそうだけど、とにかくそのクオリティが半端じゃない。

こちらが今年の最新ドレス!

いやいや、普通にすごすぎる。リーズナブルな素材をここまでブリリアントに変身させてしまうなんて。

小さい頃、ピカピカに包まれたプレゼントの包装紙を捨てるのがもったいなくて、何に使うわけでもないのに取っておいたりしたあのワクワク感を思い出してしまいそう。

過去のドレスもこの通り。包装紙やリボンを丁寧に加工して、丹精込めて作り上げるのだそう。今までは赤がメインで今年は紫だし、今から来年が楽しみだ。

ちなみに…

ドリンクの包装紙でも作ってみたりしているそう。こちらも、本来ゴミになるはずだったもので作ったなんて、信じられない美しさ。

国際的なコスチューム作家として活躍中だという彼女。Instagramでも様々なドレスやハイクオリティなコスプレ衣装まで見ることができるので、気になる人は是非覗いてみて。

Licensed material used with permission byOlivia Mears
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
噂の「スイカドレス」現象。Instagramで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!