Instagramで、オレオがまたやった!

以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのInstagram。

ASMRが流行っていたときには、いち早くオレオの袋を開け閉めしている音を収録した動画を公開したりと、トレンドに乗るのがウマいです。100%断言はできないけど……。

ここで取り上げるInstagramにあげられた投稿の話。ファイナルシーズンを控えている『ゲーム・オブ・スローンズ』の放送開始に合わせて、特別なオレオを販売するそうです。

キャプションにはドラマで有名なセリフである「Winter is coming」をパロって、「Cookies are coming」と記載。使われているフォントもドラマを意識しています。

特別な味が出るのかどうかは定かではありませんが、オレオならなんか仕掛けてくる。そんな気がします。

Top image: © Alp Aksoy/Shutterstock.com
他の記事を見る
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.41
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。