「オレオのレコード」から出る音が、予想外にイイ。

黒いクッキーに白いクリームといえば、そう、誰もが知るあのお菓子、オレオ。大人になっても好きで食べている人はたくさんいるようだけど、私はいつの間にか遠ざかってしまった派かもしれない。

でも、「オレオレコード」なるものを見つけてしまってからは、子どもの頃とは違う親近感を無性に感じている。これ、本当に音が出るんです!まずは動画の45秒あたりからどうぞ。

「オレオレコード」のさらに驚くべきところは、ただやみくもに音を出しているわけじゃないってところ。

台湾出身のEscherさんと香港出身のKeithさんが立ち上げたクリエイティブチーム「Dimension Plus」が、若者中心のフェスなどで活躍するミュージシャンを集めて制作した、正真正銘の“オレオソング”なのだ。

ここまで音を出せるのは、厳密にいうと市販のオレオではなく、レーザーを使ってクッキーにレコードの仕組みをマネた溝をカッティングしているから。ジャズやクラシックなど、何種類か違うバージョンがあり、本気の遊びゴコロを感じてしまった。

「お疲れ様。はいオレオ」
と、手渡されたい。

仕事で煮詰まった時に音楽を聴いて、お腹が空いたら食べることができれば最高だなぁと、“オレオソング”を聴きながら想像してみたり。

元々、オレオにあまり感心がなくなった大人のために作られたものだそうで。「イイね!面白い!」といつのまにか何度もリプレイしている私は、まんまと彼らの狙いに引っかかってしまったみたい。

本当にクッキーなの?と、まだ疑っている人がいれば、オーブンで焼いている映像を含むこちらのフルバージョンもどうぞ!

Licensed material used with permission by Dimension Plus
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
レコードのカッティングから再生まで楽しめる「トイ・レコードメーカー」が『大人の化学マガジン』より発売。初心者でも堪能できる手軽なレコード体験を!
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...
「Kickstarter」で資金調達を始めるやいなや、たちまち大成功を収めたポータブルレコードプレーヤー「Coturn CT-01」の予約受付が開始。洗練...
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
アメリカから届いた気になるオレオの情報です。今年7月、アポロ11号が月面着陸してから50年が経ちます。それを祝うため、6月中旬に「Mashmellow M...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」