ベルリンの街角に現れる「幽霊のようなレコ屋」

ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの街角に現れ、ヴァイナルディガーたちを魅了してはまたスーッとどこかへ消えていく。

この“幽霊”のような掴みどころのないモバイルレコードショップが「The Ghost」なのです。筆者は随分長い間その影を追い続けてきました。そして、ついにその正体をこの目で確認する機会に恵まれたのです。

5340480615219200
© Kana Miyazawa

誤解のないように言っておきますが、ホラーめいたことなど微塵もないので安心して下さい。「The Ghost」とはJosh TweekとJames Creedから成るイギリス人DJユニットが運営する移動式のレコードショップのことであり、2015年にスタートしました。もともとレコードコレクターだった2人は、ある日ストリートで同じようなバンを発見した時にこのモバイルレコードショップのアイデアを思い付いたようです。

現在は、顔見知りのオーナーから許可を得て店舗やクラブの駐車場を借りて不定期にて営業しています。主には、金曜日にコワーキングスペースBetahausの駐車場で営業しており、他にはアーティストのThe Ghostとしてプレイすることもあるベルリン有数のクラブ「Club der Visionaere(通称cdv)」やフリードリヒスハインにあるアーティストスタジオの駐車場での営業となります。

5958583317430272
© Kana Miyazawa

「車だからと言ってどこかに路駐させて勝手に商売するのは違法になるからね。『The ghost』は毎回きちんとオーナーの許可を得て駐車場の一角で営業してるよ。金曜や土曜にギグがある時やベルリンにいない時は営業出来ないからオレたちは“ポップアップストア”って呼んでるんだ」

何でもありの自由な街に思えるかもしれませんが、落書きだらけのベルリンであっても当然のことながらドイツの法律がきちんと存在します。むしろ日本より厳しいと感じることだってあるのです。だからこそ保たれるアンダーグラウンドカルチャーの質と面白さがあるのだと思います。

5472880347316224
© Kana Miyazawa

特筆すべきは、同店がDJたちの間で話題になっているのは、店舗がバンというユニークなスタイルだからだけではなく、JoshとJamesがかなりの知識と枚数を持っているであろうDJたちよりも更に上を行く究極の“レコードオタク”であり、一目置かれているからなのです。

彼らはバン以外にも倉庫を所持しており、そこには常に5,000枚以上ものレコードの在庫が置かれています。それらは全て彼らのプライベートコレクションになります。そして、「The Ghost」のポップアップショップが開催される時にはそのお宝の山から選ばれた1,200~1,300枚のレコードがバンに積まれ、限られた時間の限られた人たちだけにお披露目されるのです。

「The Ghost」では全てのレコードが試聴可能となっており、JoshとJames自ら楽曲の説明やおすすめの1枚を教えてくれます。しかも彼らは飛びきりの笑顔で出迎えてくれるからとても居心地がイイ。こんな体験はオンラインショップでは出来ないし、大型ショップでも難しいでしょう。

5998612412628992
© Kana Miyazawa

同店の顧客には日本でもかなりの人気を誇るNina Kraviz、Zip、Ben KlockなどをはじめとするスターDJたちが名を連ねています。世界の一流DJたちを唸らせるほどの希少価値の高いレコードをここで発見することが出来るのです。

置いてあるのは全てダンスミュージックで、特に90年代のハウスやテクノが充実しており、掘り出し物を発見出来る可能性が高いとのことです。他の年代のものや新譜の取り扱いも行っており、毎回セレクトが変わるため常に新鮮なラインナップを掘ることが出来るのです。

こんなスペシャルなレコードショップを体験するにはまずベルリンへ訪れなくてはいけないのは当然ですが、Facebookページをチェックして日程と場所を確認したら予約の連絡をすることをおすすめします。

完全なアポイント制ではないとのことですが、すでに同店の存在を知っているファンは金曜日のBetahausに訪れる可能性が高く、バンの前に30~40人の列を成すこともあるからです。また、上記のような著名DJたちは忙しい合間を縫って事前にアポイントを入れてから訪れるため貸切の状態になることもあるのです。

宝探しと幽霊のような存在に会いに行くドキドキとワクワクを是非とも体感して欲しいです。また、デジタル社会におけるレコードというアナログの存在と狭いバンの中で人と人とが直接触れ合うことの大切さを改めて知って欲しいと思います。

6598780254158848
© Kana Miyazawa
(左)James Creed(右)Josh Tweek
Top image: © Kana Miyazawa
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
2016年4月7日、指揮者・小澤征爾に、世界最高峰のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団から「名誉団員」の称号が贈られました。日本人初の快...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
就職活動の良し悪しについては、さまざまな意見がある。リクルートスーツしかり、情報解禁日に一斉に活動をスタートすることしかり、双方に便利な点も多いからこの形...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45