崩壊から30年。「ベルリンの壁」がオークションへ

1989年に崩壊したベルリンの壁。歴史的なその出来事は、冷戦終結の象徴として今でも語り継がれています。あれから30年……。記念として、壁の一部が3月にオークション出品されることとなりました。

売りに出されたのは「Parliament of Trees」という場所で、冷戦時代に壁を越えようとし、命を落とした人たちの慰霊碑となっていたもの。

もともとベルリンの壁は全長155kmにもなりましたが、当然、端から端までの「一枚壁」ではありません。高さ3.6メートル、幅1.2メートルごとの壁に分かれて造られていて、今回はそのひと区分レベル、まさに“壁”という大きさで出品されます。

崩壊後からこれまでも真贋は定かじゃありませんが、手の平に置けるレベルの破片などがお土産として売られたりしてきました。でも、この出品では手で持てるサイズなんて話ではないのです。

オークションでは、最低でも50万円からの値がつくと予想されています。ただし、個人に落札されるより、公園や博物館の手に渡り、その歴史や意味を伝えていくのが期待されての出品。

購入者が誰になり今後どこに設置されようと、何かしら「平和の象徴」としての役割を担っていって欲しいものです。

Reference: The Scotsman
Top image: © Pool CHUTE DU MUR BERLIN/Gamma-Rapho via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...