「LGBTQを題材にしたゲーム」の展示会

eスポーツがどんどん注目を集めています。だけど、ゲーム内でLGBTQが正しく描かれていることは少ないと語る、ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」。

そこで、彼らは1985年から2018年までのLGBTQを題材にしたゲームを集めました。展示会「Rainbow Arcade」としても、5月13日まで開催。改めて、セクシュアルマイノリティの人々についての知識をつけてもらうのが目的です。

今でこそLGBTQが取り上げられることは珍しくありませんが、80年代とか90年代のゲームって、どうなっていたんでしょうか。

Top image: © 2018, Schwules Museum Berlin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
2020年東京オリンピックに合わせて「新宿マルイアネックス」にLGBTQの交流・情報発信の拠点となる「プライドウハウス東京2020」の開設が決定。
ヴァージン・アトランティック航空は、2019年6月にニューヨークで開催されるLGBTQパレード「ワールドプライド」へ向かう、一度限りの特別便「プライドフラ...
「It Gets Better Project」と「Teva」とのパートナーシップ締結を記念したサンダルが新発売。
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
100%ペットボトル再生素材から作られた「KIND BAG」に、ちょっとした買い物に役立つminiサイズが仲間入り。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
ディーゼルがLGBTQに関する投稿をした日(6月25日)からおよそ1週間で、約1万4000人がディーゼルのInstagramアカウントのフォローを解除した...
アメリカの子ども向けケーブルテレビチャンネル「ニコロデオン」が、今月のプライド月間を祝福するツイートを投稿。ツイートのなかで、スポンジ・ボブの画像がLGB...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。