「LGBTQを題材にしたゲーム」の展示会

eスポーツがどんどん注目を集めています。だけど、ゲーム内でLGBTQが正しく描かれていることは少ないと語る、ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」。

そこで、彼らは1985年から2018年までのLGBTQを題材にしたゲームを集めました。展示会「Rainbow Arcade」としても、5月13日まで開催。改めて、セクシュアルマイノリティの人々についての知識をつけてもらうのが目的です。

今でこそLGBTQが取り上げられることは珍しくありませんが、80年代とか90年代のゲームって、どうなっていたんでしょうか。

Top image: © 2018, Schwules Museum Berlin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
ヴァージン・アトランティック航空は、2019年6月にニューヨークで開催されるLGBTQパレード「ワールドプライド」へ向かう、一度限りの特別便「プライドフラ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...