ポーランドの「LGBTQ」に手を差し伸べるプロジェクトが話題!

ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領が反LGBTQ政策を推し進めていることを知っている人は、決して多くはないかもしれない。彼らは偏見にさらされ、ときに暴力をふるわれることもあるという。

「ポーランドの道を歩いているときには、安全を感じられません」

そんな生々しい声が収録されているのが、クリエイティブエージェンシー「180heartbeats + JUNG v MATT」が製作を手がけたプロジェクト「Clothes Reborn with Pride(プライドを持って生まれ変わる服)」の動画だ。

ほかにも数人、なんの解決にもならない暴力を経験した人がそれぞれの想いを語っている。

 

じつは「Clothes Reborn with Pride」は、動画に出てくる被害者が破かれたり引きちぎられたりした洋服をリメイクするプロジェクトだ。名前の通り、あらためてプライドを持ってもらうことを目的としている。

ポーランドのアパレルブランド「MISBHV」とドイツのファッションECサイト「Zaland」が協力し、このプロジェクトでLGBTQをサポートしようとしているそうだ。

そう、誇りを取り戻してもらうために──。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事