EU加盟を蹴ってでも死守したかった、ポーランド人の魂「ビゴス」

「あなたの国を代表する料理は?」

こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)です。これが、いかにして彼らのアイデンティティになっていったのでしょう。

「味覚の統合などありえない!」
ポーランド人が
必死で守りたかった味

ニュースマガジン「The Warsaw Voice」が、ビゴスにまつわるこんなエピソードを紹介していました。

ポーランドがEUに加盟する際、ビゴスの料理法がEUの食品衛生基準にそぐわず、レストランなどでの提供を禁止する決定が出たそうです。これに対し、ポーランド人たちは当然ながら大反対。自国のソウルフードを無くさせまいと、「ビゴス祭り」を開催して対抗しました。EU加盟直前まで続いた大論争の末、結局ビゴスの提供は許可されることに。

では、晴れて存続を勝ち取った国民食とはどんな味?

酢キャベツ(ザワークラウト)に豚肉と牛肉、きのこ、たまねぎ、プルーン、スパイスなどを加えて、大鍋でくりかえし煮てつくります。

できたても美味しいけれど、これを何度も温め直して食べるのがポーランド流。冷めては温めるをくりかえすうちに独特の味わいに変化していくそうですが、この調理法が先の衛生基準に引っかかった、というわけ。

「二日目のビゴスが最高」とか「いや、三日間煮込んだキャベツが溶けたところがうまい」など、ポーランド人によっても好みが別れるんだとか。

毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
日本には2017年に初上陸したチョコレート専門店「KARMELLO Chocolatier(カルメロ ショコラティエ)」。2010年の創業以来、地元ポーラ...
ポーランドの古都クラクフの地下にあるのは、街の歴史を紹介する「クラクフ地下博物館」。世界遺産の旧市街「クラクフ歴史地区」の中央市場広場の地下4メートルのと...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできな...
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
日本でも水餃子は人気ですが、ポーランド人の餃子スタイルは、私たちの知るソレよりも、ビールが進んでしまいます。
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...