がんに苦しむ少年を救うため、銀メダルを売却したポーランド人選手

銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。

そんな多くのアスリートが望むメダルを獲得しながら、オークションで売却してしまった男がポーランドにいる。とはいえ彼、なにも「金の亡者」などではない。

そこには、がんに苦しむ少年をなんとかして助けたいという強い想いがあったのだ──。

「運命が、僕の銀メダルにそれ以上の価値を与えるチャンスをくれた」

ポーランドの円盤投げ選手ピオトル・マラチョフスキは、先日のリオデジャネイロ五輪にて見事銀メダルを獲得。表彰式後、自身のFBに笑顔の写真を投稿した。

しかし、このわずか5日後の投稿は、ある少年の写真とこんなメッセージから成るもの。

「今回のリオ五輪では、金メダルを獲るために戦った。残念ながら、その夢は叶わなかったけれど、運命が僕の銀メダルにそれ以上の価値を与えるチャンスをくれたんだ」

ことの経緯はこうだ。

少年は、オレク・シマンスキくん。眼球のがんを患い、2年間も闘病生活を続けている。手術はニューヨークでしか受けることができないそうで、渡航費も含めると1,000万円以上が必要となるらしい。ところが、そのための資金をなかなか集められないでいる。

事情を知ったマラチョフスキは、せっかく手にした銀メダルをオークションで売却することを決心したのだ。

無事、目標金額に到達
オレクくんはNYへ

最終的な落札額こそ明らかにされていないものの、ある富豪がマラチョフスキの想いの詰まった銀メダルを落札。加えて、彼を支持する多くの人からの寄付もあり、目標金額を達成することができた模様だ。

その後、オレクくんは無事ニューヨークへ到着。昨日更新されたばかりのマラチョフスキのFBには、

「グッドニュース!オレクが、ニューヨークで最初の治療を無事終えたらしい!」

と喜びの声が投稿されている。

マラチョフスキの勇敢な決断に対しては、「君こそがポーランドの英雄だ」「メダルは銀色だったけれど、あなたはゴールドよ!」などと、世界中から賞賛の声が相次いでいる。

彼が獲得したのは、もはや金メダル以上に価値のある銀メダル。そのことを疑う者など、どこにもいないはずだ。

Top Photo by Quinn Rooney/Getty Images Sport/Getty Images
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
ポーランド南部の街、クラクフ。ここは同国で最も歴史がある場所。17世紀初頭、ワルシャワに遷都するまで首都だったという歴史を持つ。赤レンガを基調とした古い街...
日本でも水餃子は人気ですが、ポーランド人の餃子スタイルは、私たちの知るソレよりも、ビールが進んでしまいます。
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
高品質として世界的に名高いポーランドのダウンブランド「AURA(オーラ)」。その新作モデル「ATAK Jacket」の紹介です。
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...