ニュース記事の「荒らしコメント」に、ノルウェーのテレビ局がナイスな方法で対抗

インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向のコミュニケーションができるようになったことは、大きい変化でしょう。

でも、ニュース記事のコメントは、時に「荒らし」が入ってしまうことも。かといって、コメントを閉じてしまうのもはばかられる。そんな状況を、ノルウェーのテレビ局が意外な方法で解決しました。コメントを書く前に、クイズに答えなければならないようにしたのです。

3つの質問に答えた人だけが
コメントできる仕組み

コメントしようとすると、記事の内容についての3つの質問が表示されます。正しい答えを選ばないと、書き込めないというわけ。質問はとっても簡単で、ちゃんと記事を読みさえすれば楽々答えられるものになっています。

例えば、こんな感じ。

コメントを記入したい人は、次の3つのクイズに答えてください。

①次のうち、記事内で言及されていないのはどれ?
a) 経済的な理由 b)イデオロギーの理由 c)政治的な理由

②偽のニュースをシェアしてしまったグループの数は?
a)2 b)7 c)4

③真実をぼやかして伝えるのがうまかったのは、誰?
a)アメリカの科学者 b)ヒトラー c)KGB(ソ連の秘密警察)

荒らしや炎上を引き起こすようなコメントをする人は、記事をきちんと読んでいないこともしばしば。そんな人たちの書き込みを防ぐことができます。またひと手間かけなくては書き込めなくすることで、本当にコメントしたいと思う人だけがコメントするようになる効果もありそうです。

実際に良い効果が

具体的なデータは現在収集しているとのことですが、実際「荒らしコメント」は減っており、うまくいっているとのこと。この質問を表示するプラグインは、オープンソースとして公開されています。この試みが広がって、インターネットのジャーナリズムがもっと前向きなものになるといいですね。

Licensed material used with permission by NRKbeta
他の記事を見る
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
世界中のいたるところで建築デザインを手がけている「Snøhetta(スノヘッタ)」が2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...