LGBT夫が読み解く「台湾と同性婚」

先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という都市伝説から始まった。

いわゆる、我々ゲイ業界ではガチムチという類が覇権をとっていて、しっかりとした体つきの台湾人はとても魅力的だ。実際、ジェンダーに寛容なタイよりも、好みのタイプが多い台湾を好んだゲイもとても多かった。

そんな流れもあってからか、台湾のLGBTパレードに日本から参加する人も、年々増えていた。昨年度のパレード参加者は約6万人ほど。これは「Tokyo Rainbow Pride 2017」のパレード参加者が5,000人であるのに対して、12倍ほどの規模だ。

アジア初
台湾が同性婚を容認へ

そんな台湾で、アジアで初めての同性婚が実現しそうだ。5月24日、台湾の司法最高機関が「同性同士の結婚を認めない民法は憲法に反する」という判決を下した。

インドネシアで同性間の性行為が罰されるなど、最近はネガティヴなニュースが立て続けにあった中、台湾の判断はアジアのLGBT界に光をもたらしたのではないか。

今回の判決の概要は、こうだ。

「同性愛者であれ異性愛者であれ、愛する人と一緒にいたいと思う気持ちは変わらないはず。婚姻は、人間の尊厳を守るために重要なこと。彼らが不利益を被らないよう、法を整備すべきだ」

台湾は2年以内に法改正をするか、新たな法律を作るかせねばならない。

今回の流れは、特にアジアの政府に対して、同性婚に関して改めて考えさせるものになるだろう。

日本に必要なのは
「当事者が声を上げること」

日本にも、パートナーシップ制度は存在する。しかし、私自身この制度を利用していないし、少なくとも自分の周りにもいない。例えば渋谷区のパートナーシップ制度は、数万円を支払わないといけないなど、そのハードルはまだ高いのだ。

このように、日本でなかなか環境が整わない理由のひとつに、LGBTの当事者たちが実は無関心なことがあるように思う。たしかにLGBTに関する意見が飛び交うことはあるが、声が大きいのは当事者ではなく、いつも運動家なのだ。

しかし台湾では、一般の人が立ち上がって声を上げた。世界中の人が彼らを応援した。そんな後押しがあったからこそ今回の判断に繋がったのではないかと感じるのである。

しかし日本でも、少しずつ前向きな風が吹いている。今年のTokyo Rainbow Pride 2017は、来場者数が二日間で10万人を超え、過去最大のイベントとなった。個人的にも、今年は家族連れも多く、気軽に参加できるお祭りになってきたように感じた。そして何より、例年より圧倒的にアライ(LGBTの当事者ではないが、性的マイノリティを理解し支援する人)の力を感じた。

他にも、SUUMOがサイト内に同性カップル入居の可否を選択できる項目を作ったり、ドン・キホーテがそれぞれのジェンダーを気遣うトイレを設置したりなど、様々な形でジェンダーに関する見直しがなされている。私も、前向きな情報をもっと発信したいと思い、今年2月には同性結婚式を開いて各メディアに取り上げていただいた。

私たちLGBTにも、他の人と同じように幸せになる権利はあるべきだと思う。近い将来、台湾に続いて日本でも同性婚の見直しがされることを信じている。

オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはい...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
今回のイベントには理由があった。昨年末に彼らから「パートナーシップ契約並びに任意後見人契約の手続きをした」と連絡があった。やはり二人もまた共に過ごすであろ...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。