古都よりも深く長く、2人の描く未来と馳せる想い。

2017年2月18日、僕はパートナーの男性と結婚式を挙げた。近隣では、台湾、さらに欧州でもいくつかの国々で婚姻制度の平等化が始まり、2018年1月、僕の大好きな二人が、京都から夫夫として認められることとなった。

自分のことのように嬉しくて、そんなお祝いのあった夜。何度も胸がグッとした。

約25年、共に過ごした
ふたりの歴史

6253078521053184

僕が彼らと知り合ったのは、12年ほど前に遡る。
Gさんは昔すごくとんがってたんだろうけど不器用でマイルドな人、いわゆる職人さん。
矛の人。パートナーのDくんはバーをこなれた感じで盛り上げる、守りや盾のようで支える人。すごく体が大きい(笑)。

そんな二人はそれぞれファッション業界に身を置いてた時期があり、当時の僕もまたアパレル店員をしていたので話が合ったのだった。

当時、二人は日中にセレクトショップを営み、夜はゲイバーを切り盛りしていた。息の合う二人。それぞれの感情をジャストサイズでぶつけ合って、すごい相性の良いバディを見つけて一緒に仕事をしてるんだなあ、くらいにしか思っていなかった。

実は、二人がマスターとチーママという関係以上に、パートナーと知ったのはここ数年のこと。

京都に来るたびに何度かバーもショップも行くことがあったし、ある時には奈良の大仏や周遊に連れて行ってくれたこともある。

数年前、今度は小料理屋を始めて、そこでも二人はまたずっと一緒だった。
必ずホットスポットの裏手くらいの隠れ家に出店する二人。そういう真っ直ぐではないところが、個人的に好きだ。

小料理屋では、ストレートのアルバイトの子の採用もしたし、僕らのセクシャリティは内緒。このお店がどんどん忙しくなって、昨年にはついに小料理屋さん一本でやることになった。

そして最近、突然二人のイベントが決まり、僕は持っていたバトンを託す人たちを見つけることができた。

古都にて最初に公的に認められた
同性パートナー

昨年末に彼らから「パートナーシップ契約並びに任意後見人契約の手続きをした」と連絡があった。

やはり二人も、また共に過ごすであろう行く末を考えていたのだ。保険関係の手続きに踏み切ろうとしていた時に、その生命保険会社でLGBT向けにもサービス可能としていたそうだが、最後の最後になって役所からの『公的な証明書』が必要になったという。

そこで保険会社の担当者さんが奮闘し、二人も熱が上がったところで、役所もまた譲歩し公正証書を取ることができた。

彼らが保険の手続きで詰まってしまったから、古都の歴史を変えたというシンプルにしてダイナミックなことを成し遂げた二人。
ケンカ早いことをよく知っていたが、ここではその瞬発力が発揮されたのかと思う。

住まいは遠いけれど、近くで景色を見ていた一人として、去年僕らがそうだったように今年は彼らが振り切ってくれて本当に良かった。こういう継続的なニュースは、我々に勇気や活力を注いでくれるものだと信じている。

彼ららしかったパーティー

二人は終始カウンターでゲストに振る舞う料理やお酒を作っていた。
途中からゲイバー時代のスタッフも手伝うものの、二人はやはりカウンターから出ようとしない。おもてなしがずっと好きな二人らしい振る舞い方だった。

なくなってしまったゲイバーの、あの会員制的な雰囲気を作って、みんなで飲んで賑やかにしたかったのかもしれない。
毎日ケンカするという二人でも清々しいほど笑顔だった。軽口で罵り合ってもニコニコが絶えない。

僕らは別のカップルさんと上のフロアで会話とお酒を楽しんでたけど、下のカウンターから聞こえる笑い声にどれだけ嬉しく思えたか。
そんな声がポジティブが伝播して来るだけで本当に幸せな時間だった。

そんな中でふいに「僕らなんて5、6年でケンカばかりで今でもヒヤヒヤすることもある。どうしたら25年も続くの?」と訊いてみた。

「毎日ケンカしているからこそ続くものなのよ。」とDくん。
「もう空気みたいなもん。」とGさん。
二人それぞれの表現らしくて微笑ましくて、とてもシンプルで頷けるものだった。

今までなんども京都に来ているけど、こんなに幸せな気持ちになったことはあるだろうか。

僕らの将来と覚悟

つくづく考えさせられてしまった。
彼らは公私に認められ、僕らもとい僕は公を諦めた。
なるようにかならないと待ち侘びてしまっている僕に、今回のイベントや報告はポジティブに背中を押してくれた。

彼らも僕らも、それぞれパートナーと一緒である前提の未来を思うことは同じだ。
この強い思いが、民間を行政を少しずつ動かし後世を豊かにすると信じる。

25年以上深めた夫夫愛は、古都京都の歴史をひっくり返した。
そして2018年は始まったばかり。西日本だけではなく、日本じゅうのもっと多くの行政と民間を突き動かすことになると思う。
そして様々な人の価値観を良い方向に変えるだろう。

改めて、ふたりの幸せがとても嬉しい。

Licensed material used with permission by 佐藤潤
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはい...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...