オーストラリアのアイスクリーム店が「同じ味のダブル」を拒否する理由

オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはいえ、人気だからひとつまで、というわけではありません。どんなフレーバーでも返答は同じ。

じつは、同じ味を2つ選ぶこと自体を禁止しているのです。

好きなものを選びたいのはみんな同じ
「同性との結婚」も認められるべきだ。

「BEN & JERRY'Sは、「Helping society in a fun way(社会のためになることを、楽しい方法でやろう!)」と公言しています。世界中から愛されているこのお店が同じフレーバーのオーダーを禁止したのは、去る6月13日の議会に向け、同性婚を認めるべきだと訴えるためだったのです。

オーストラリアでは、未だに国内での同性婚が認められていません。この事実に対して、彼らは「好きなフレーバーを2つ選んで拒否されたら頭にくるだろう?好きなものを好きと言える環境にするべきだ」と訴えています。

ちなみに、議会が終わった現在も、彼らはこの企画を継続中。今後も同性婚を支持する姿勢を貫くとのことです。

※本企画はオーストラリアのみ。日本では行われていません

Reference:BenAndJerrysOz
Licensed material used with permission by BEN & JERRY'S, Gabby Hammond

関連する記事

ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
インドネシア版の焼きそば「ミーゴレン」の味のアイスクリームができた!上にはフライドオニオンがのった本格派?

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...