「同性婚でも愛は愛」。サプライズプロポーズに込めた想い

ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。

962fa5599360a8fe0e8c44b6e5702af11f579caf

突然はじまった
賑やかなフラッシュモブ!

02cc9be3fef0dff5c35639ede5e50c3f5f7ed57f

すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしていた女性たちが踊り出したのです。

ひとり、またひとりと増えていく参加者。はじまったのは、とってもハッピーで賑やかなフラッシュモブ。

6e9873c9726fd25455e13cbcc8904224b8b02daa

その楽しげな様子が気になり、マイケルさんもトレーニングは一旦中断。

A71c6eedb6700004cc854a00b58188bef7d0bc3b

一方のニコさんは、どこか緊張した面持ち。そして...

5696251dd23b8e0dc4d8f82114a2aac27d2ee6b2

みんなの中に入って、ダンス!それもそのはず、このフラッシュモブを仕掛けたのは、ニコさん本人だったのです。

狙っていたのは
サプライズプロポーズ

9e2dc0def96616f86d6a036b19086b7246cb5057

ダンスが終わると、ニコさんはマイケルさんの前にひざまずきました。

「心から愛している。君みたいな人に出会ったのははじめてだよ。聞きたいことはひとつだけ。僕と結婚してくれるかい?」

565a48e656c43ac1730646b77b8878887457e58d

照れながらも「Yes」と答えたマイケルさん。ふたりは熱いキスとハグを交わしました。

同性婚はまだ認められて
いないけれど「愛は愛」

しかし彼らの住むオーストラリアでは、まだ同性婚は法的に認められていません。このフラッシュモブには、そんな現状へ疑問を投げかける意図もあったと言います。

「どんなセクシャリティを持っていようとも、愛は愛だってことを示したかったんだ。ビヨンセの『Love on Top』と『End of Time』を選んだのは、それが理由さ。いつか歳をとったとき、マイケルと一緒に振り返れるように、何か思い出になることがしたかったんだ。ふたりがおじいちゃんになっていても、子どもの前で踊れたらいいなと思うよ。

そして、すべてのゲイの人たちへ。愛を信じることを止めないで欲しい。いつか愛が、君を見つけてくれるから」

ちなみに、このサプライズは2ヶ月ほどかけて準備したとのこと。「お互い、隠し事はナシにしようって話しているからとても大変だったよ」とは、ニコさんの言葉。そして数ヶ月後にはマイクさんの両親にも報告をして、無事「Yes」をもらえたそうですよ。

Licensed material used with permission by Kate Elizabeth-Proposal Planning & Special Occassions
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはい...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
途切れのない輪の形から、「永遠」の象徴とも言われている指輪。婚約指輪や結婚指輪はとりわけ、特別な意味を持ちますよね。完全な輪になっている指輪が多い中、オー...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?