北アイルランドでも!「同性婚」が合法化

北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。

すでにイングランドとウェールズでは、およそ6年前から施行されている同法律。少数派意見を尊重する北アイルランドでは、2017年より自治政府および議会の機能停止状態が続いていたこともあって、他地域と比べて合法化実現まで時間がかかることになった。

入籍登録には28日ほどの手続き期間が必要なため、初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だという。

もともと施行されていた、同性間での「シビル・パートナーシップ(法的に認められたパートナー関係)」から「同性婚」への移行手続きには時間がかかるようで、今年末までに制度を整えるという。また、権利平等のために、異性間でのパートナーシップの締結も同日から認められることとなった。

“人と人が繋がる”方法について、世界ではますます多様性が求められている様子だ。

Top image: © iStock.com/Orbon Alija
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...