オーストラリアで、アンチ同性婚の意見広告にピザ屋が物申す。

ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーなどのLGBTQコミュニティは多くの国に存在する。なかでもオーストラリア。そのスケールは、世界的に見ても大規模といえるレベルだ。

近年、自由を愛するオープンな性格の国民の間では、同性婚をサポートするムーブメントが起こっている。実際、2011年からのオーストラリアの世論調査において、国民の約70%が「同性婚支持」を示しているほど。さらに2017年9月からは、同性婚の合法化への是非を問う投票(郵便調査)もはじまった。

しかしながら、当然、「同性婚反対」の団体も。これは、そんな攻防戦の1コマ。

スプレーで
メッセージを書き換え?

同性婚に反対する団体は、「IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ」)という意見広告を掲げた。それに対して、ピザ屋のオーナーは、手書きのスプレーでメッセージを加えたようだ。

その結果がこちら。

「IT'S OK TO SAY “NO” TO PINEAPPLE ON PIZZA(ピザにパイナップルを乗せなくてもいいよ)」というメッセージに書き換えられてしまったのだ。

ピザ屋のオーナーによれば「店の前に政治的な意見広告を飾られたのが嫌だった」とのこと。それにしても、こんなユーモアを使ってカウンターパンチを浴びせるなんて、とても洒落が利いている。きっと、同性婚反対の団体も「やられた!」と思ったに違いない。

※本記事には、一部訂正を加えております(2017/11/7 10:30)

Top Photo by ABC
Licensed material used with permission by ABC
北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だ...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
オーストラリアとニュージーランドのドミノ・ピザでは、お客さんの満足度を上げるために、ピザの出来栄えをチェックするマシン「DOM Pizza Checker...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。