勝手に「フェイクミート」を使ったピザ屋が問題になる

すでに日本でも知っている人が多いビヨンド・バーガー。植物由来のフェイクミートのことだ。

いろんなお店で彼らの“肉”が使われていて、その味は「本物みたい」という声がたくさん。ニュージランドのピザチェーン「Hell Pizza」は、それを悪用!?

普通の肉を具材にするところ、彼らは勝手にビヨンド・バーガーをトッピング!

お客さんたちは満足していたというが、SNSでは「使っている材料を公開しないことでアレルギー反応を起こしたらどうするんだ?危険すぎる」などの意見もあがっている。

「Hell Pizza」は、未来の食べ物としてのフェイクミートを味わって欲しかったとのことだが……。

Top image: © El Nariz/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オーストラリアとニュージーランドのドミノ・ピザでは、お客さんの満足度を上げるために、ピザの出来栄えをチェックするマシン「DOM Pizza Checker...
iHerb(アイハーブ)で買える「デリバリーピザのレベルが上がるアイテム」を3つご紹介。バジルオイル、ピザ用調味料、ニュートリショナルイーストをピックアッ...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
ドミノ・ピザは、アメリカ・ヒューストンで無人配達することを発表。オンラインで注文した顧客のもとには、自動運転車両が商品を届ける。
10月14日、ドミノピザから期間限定で発売される「ハロウィンルーレット」が話題を集めている。このピザには、最強レベルの辛さを誇る「ブートジョロキア」のソー...
ピザを入れらるポケットが付いているパーカが、クラウドファンディング開始です。胸のあたりにプリントされているピザがポケットになっていて、1スライスをどこにで...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
スコットランド拠点のピザオーブン会社「ooni」が製作した「Ooni Fyra」は、同社が長年製作してきたポータブルピザ用オーブンの集大成といえる最新作。...
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
ナイジェリアの一部の大富豪は、自国から電話でロンドンのピザを注文。ブリティッシュ・エアウェイズを利用して届けてもらうといいます。普通じゃ考えられないような...
「成田空港」の「オンライン見学ツアー」が今月22日(土)に開催。現在、申し込みを受付中だ。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のスニーカー「EUYEN」。紐なしのニットアッパーとアーシーな色合いがどんなコーディネートにもハマるこの一足は、...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...