植物由来の「代替エビ」2020年発売へ

人気が高まる植物由来の代替食品。フェイクミートやフェイクチーズの登場は、ヴィーガン市場のみならず、環境保全の観点からも選択する人が増えつつあることを物語っている。

そして来年、注目間違いなしなのが「代替エビ」だ。

米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」は、植物由来の貝や甲殻類を製造する「New Wave Foods」とともに開発を進めてきた「植物由来のエビ」を2020年初頭にはマーケットに展開することを発表した。

海藻と植物性タンパク質を原料に用いて、本物のエビと同じ味を再現することに成功したという。おまけに、あの「プリッ」とした食感までを表現しているらしい。

本来、エビに含まれている8種類の必須アミノ酸はそのままに、コレステロールゼロを実現。カロリーや塩分も本物のエビより低いのが特徴だとか。おまけにアレルゲンも含まれていないという。

和洋折衷、調理法の幅も広い食材だけに、流通すればシーフード革命が始まる予感がする。

Top image: © iStock.com/bhofack2
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
8月7日、「Subway」がフェイクミートを製造する「Beyond Meat」とパートナーシップ契約を結んだと発表した。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
西アフリカを代表する古代穀物「フォニオ」。食糧危機を救い、栄養価の高い“第二のキヌア”として注目される、このスーパーフード。2020年の食トレンドのカギを...
米国バーガーキングは、8月8日から全米7000店舗で植物由来のパティでつくられたワッパー「Impossible Whopper」の販売を開始する。通常のワ...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ニュージランドのピザチェーン「Hell Pizza」は、普通の肉を具材にするところ、勝手にビヨンド・バーガーをトッピング!
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
オーストラリアで発売されている「Savel」は、食品用ラップの代わりとして使える製品。ルックスは違えど、カットしたレモンやライムなどを長持ちさせることがで...
中部アフリカの国、カメルーン共和国。日本人にとってのイメージはコーヒー豆の産地くらいかもしれません。ましてや国名の由来を知っている人なんて、そうはいないは...
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
今アメリカではフェイクアボカドが注目されているようだ。
世界の味をバターで表現する「CANOBLE(カノーブル)」から、いつもの料理にチョイ足しするだけで本格タイ料理を楽しめるブールアロマティゼ「トムヤムクン」...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...