話題の「フェイク食品」を食べてみたら……!!

“ヤバい”という言葉がポジティブな意味になったように、最近、“フェイク”という言葉のポジションが変化してきています。ネガティブなイメージはどこへやら。Fake is realです。

その象徴がフェイク食品。

というわけで、今回は海外の最先端フェイク食品を紹介します。TABI LABOメンバーが愛用するオンライン輸入食品店「iHerb」で購入できますよ。

Whole Foodsも注目する
ポテンシャルしかない「不死の果実」

不死の果実
©2019 NEW STANDARD

10月21日に、Whole Foodsが2020年のフードトレンド予測を発表しました。その中に「砂糖の代替品」という項目を発見。なんだよ、それ?と思いつつ、早速試してみることにしました。チョイスしたのは「Lakanto Monk Fruit Sweetener」。コイツもWhole Foodsの予測に掲載されていた商品です。

うん、甘い。砂糖と一緒です。

使われているのは、羅漢果(ラカンカ)という果実。昔々、気を高めるために僧侶が食べていたらしく、海外ではモンクフルーツ(Monk Fruit)という名前で知られています。食べたら健康になるってことで、“不死の果実”とも呼ばれているみたいですよ。へ〜。

アメリカではシュガーフリーを実践をする人が多いため、Whole Foodsが砂糖の代替品として、コレを推しているわけです。

加えて、カロリーゼロや糖質ゼロとパッケージにあります。

商品名:Lakanto, エリスリトール入りモンクフルーツ甘味料、クラシック、8.29 oz (235g)
値段:580円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

iHerbをもっとみる