評判悪い……次のフェイク食品は「アボカド」か?

近年さまざまなフェイク食品が誕生しているが、次のフェイク◯◯はなんだろうと海外メディアをウォッチみると、今アメリカではフェイクアボカドが注目されているようだ。

「ん?なんのためのフェイク?」

と思った人は鋭い。

フェイク食品は、高価な食材やあるいはフェイクミートのように環境問題を背景にしているものが多い。アメリカにおけるアボカドはそれほど高価な食材でもないし、果実である。

じつはフェイクアボカドが注目されているのは、アメリカでアボカドの価格が高騰しているためだ。同国はアボカド生産国だが、それ以上の消費国でもある。国内消費の半分以上をメキシコからの輸入に頼っている状況だ。そこへもってきてトランプ大統領のメキシコ国境封鎖発言である。アボカドの供給不安は、そのまま価格高騰へとつながり、今年4月には前年価格の約1.5倍にまで跳ね上がってしまったというわけだ。すでにカリフォルニア州やテキサス州の一部レストランでは、フェイクアボカドを使ったワカモレが登場している(しかも、客に黙って!)。

なお、このフェイクアボカドはかなり評判が悪いことを付け加えておく……。

Top image: © iStock.com/baibaz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外の最先端フェイク食品」3選。フェイク砂糖、フェイクエッグ、フェイク醤油というラインナップです。
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
カリフォルニア州に本拠地を置くPrimal Kitchen社の「アボカドオイル入りマヨネーズ」。まろやかです!
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。