ウミガメを救える「フェイクの卵」って、なに?

これ、ヴィーガンに関する話ではありません。ウミガメを救う話です。

「Paso Pacifico」という環境団体が、いま、フェイクの卵を使って密猟を撲滅しようとしています。

これにはGPSトラッキングのできるデバイスが入っていて、スマホを探すように位置情報を取得することができます。中米のビーチではウミガメが産卵のために掘った穴の90%以上が密猟者によって破壊されてしまっているから、闇ルートをつきとめて、悪いヤツを摘発するべくフェイクの卵が開発されたのです。

しっかりと効果も出ていて、その結果に関する論文も公開されています。なんでも137km離れたところで取引がされている証拠を得られたのだとか。スゴいです。

たびたび密猟者が貴重な野生動物を殺害したという旨のニュースを目にしますが、この技術を応用した取り組みが実施されれば、もう、悲しい知らせを聞く必要もなくなるかもしれませんね。🐢🐢🐢

TABI LABOのニュースレターに登録すれば
この限定コラムが毎日読めます!

 

TABI LABOのニュースレターでは、毎日「気になるキーワード」を紹介しています。

いつもはニュースレター限定ですが、本日はチラ見せということで配信したコラムを公開してみました。ちなみに、先週の「気になるキーワード」は以下の通りです。

#Cyberpunk 2077
#ゴールデンウィークの消失
#オンラインイベントアレルギー
#maga2020!
#確証バイアス
#第二次検索エンジン大戦
#テスラとトカゲ

登録は1分未満で終わります。気になる方はコチラから。ワクワクする情報ばかりですよ!

Top image: © Tommy Daynjer/Shutterstock.com