週末「家ごもり読書」のすすめ
(TABI LABO編集部6選)

春うらら、桜も見ごろでお出かけにはもってこいの季節です。

それなのに……この春に限ってはそうもいきません。家にこもって、NetflixとUber Eatsで過ごす週末もいいけれど、こんなときだからこそ「家ごもりでじっくり読書」はいかがでしょう?

ここに紹介するのは、TABI LABO編集部のスタッフが選んだとっておきの一冊。もちろん、ジャンルも内容もバラバラです。だってTABI LABOですから。

名作文学をひとつずつパッケージした
「手紙」のような小説

「文鳥文庫」画像
©文鳥文庫

『文鳥文庫』は、名作文学をひとつずつパッケージした、手紙のような小説です。長くても16ページしかありません。

わたしが受け取った手紙は「メロスは激怒した。」という書き出しから始まっていました。そこには、人を信じることの大切さについて、たとえば、信じられているからこそ、その想いを糧に前へ進むことができるのだと書いてありました。
続きを読む>>>

『文鳥文庫 日本文学8名作』

(文鳥社)

パリの人々の息吹や、街の時間を味わえる一冊

「パリ・スタイル 大人のパリガイド」イメージ

20年間パリに暮らし、ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家として、現地からパリの最新情報を日本に紹介してきた著者、村上香住子が手がけた、きわめつけのパリガイド。

日本にいながらにして、読むだけでパリの人々の息吹や、街の時間が目の前にひろがります。大人のパリが味わえるエッセイです。
続きを読む>>>

『パリ・スタイル 大人のパリガイド』

村上香住子著
(リトルモアブックス)

たまご料理が大好き!という人へ

「How to Boil an Egg」イメージ
©How to Boil an Egg

「玉子を食べると、それだけでいつでも、しあわせな感覚に包まれる」。パリで大人気のベーカリーレストラン『ローズベーカリー』のオーナーシェフであり、この本の著者ローズ・カッラリーニの言葉です。

玉子の多彩ぶりを褒め称える本は世の中にたくさんありますが、玉子を食べることが大好き!というシンプルな気持ちひとつで書かれたものは、『How to Boil an Egg』くらいではないでしょうか。
続きを読む>>>

『How to Boil an Egg』

ローズ・カッラリーニ著
(Phaidon Press)

メルボルンの暮らしとアイデアがつまった
ビジュアルブック

「Lunch Lady」イメージ
©Lunch Lady

パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本。

オーストラリアの家庭でつくられた、簡単にできる手づくりランチや、暮らしをより豊かにするためのアイデアが紹介されています。テキストは英語ですが、写真やイラストも豊富です。
続きを読む>>>

『Lunch Lady』

Kate Berry編集
(Lunch Lady Magazine)

「庭仕事」から学ぶ
自然と人生の本質的な結びつき

「庭仕事の愉しみ」より
©草思社

20世紀ドイツの文学者は、生粋の“庭師”でもあったようです。その証拠にヘッセの後半生は、執筆以外の時間をほとんど自らつくりあげた庭で、四季折々の草花や樹木に囲まれて過ごしていたことが、この本を通して私たちが知る事実。

ヘッセの私生活を“のぞき見”していくうちに、こんなことを思いました。彼こそが「植物男子」の先駆者だ!
続きを読む>>>

『庭仕事の愉しみ』

ヘルマン・ヘッセ著
岡田朝雄訳
(草思社)

ひとつずつ、自分を紐解いていく本

「PICK ME UP」イメージ
©2017 NEW STANDARD

『PICK ME UP』は、各ページに書かれている質問に答えを書き込んだり、お題にそって行動してみることで、自分自身がどんな思いを抱えているか、何をしたいのかが簡単に可視化できるという本。

心がモヤモヤしていて晴れないときは、気張らずに、そのままの状態でペラッとこの本を開いてみてください。
続きを読む>>>

『PICK ME UP〜 書くたびに自分がもっと好きになる〜』

アダム・J・カーツ著
関根 光宏訳
(ワニブックス)

Top image: © iStock.com/Yumi mini
メリットだらけ、です。
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
「TABI LABO GO」は、元寿司職人が作るフィッシュバーガー専門店「deli fu cious」、暗闇でエンジョイするNY生まれの最先端フィットネス...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
いつもTABI LABOをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、みなさまにお知らせしたいことがあるんです。TABI LABOは、新たなイベントスペー...