【読んでもらいたい vol.1】手紙のような物語『文鳥文庫』

その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学をこんなふうに読んでみると、きっと新しい発見があるはずです。折りたたまれたひとつの物語を、ゆったりとした気持ちで味わいましょう。

心あたたまる名作文学を、
ひとつずつパッケージしました。

文鳥文庫は、名作文学をひとつずつパッケージした、手紙のような小説です。長くても16ページしかありません。わたしが受け取った手紙は「メロスは激怒した。」という書き出しから始まっていました。そこには、人を信じることの大切さについて、たとえば、信じられているからこそ、その想いを糧に前へ進むことができるのだと書いてありました。

友人が受け取った手紙には、寒い冬の夜、あたたかい手袋を求める狐の親子のことが書かれていました。今の季節にぴったりの、心に灯がともるような物語でした。

そのほかにも、読んだ人の心の奥深くに沁み入る物語がいくつも揃っています。そのときの気分で選んでも良いですし、大切なあの人を思い浮かべながら選ぶのも楽しみのひとつでしょう。毛並みは、ツヤツヤと美しく、撫でるとふわふわ。手のひらに乗って甘えてくる手乗り文鳥のように、ひとつのちいさないのちを温めて読んでみましょう。

関連する記事

TABI LABO編集部スタッフが選んだとっておきの一冊、読んでもらいたい一冊を集めました。
日本が誇るおいしい地酒をより多くの人に楽しんでもらおうと考案された「お酒と物語」という新しいスタイルの商品が“創刊”された。その名も「ほろよい文庫」。
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...