【読んでもらいたい vol.10】この本で学んだことは、5年先も忘れちゃいけない。

もう、何に悩んでいるのかもよくわからない。とにかく色んなことを考えて疲れるし、前向きにもなれない。そんな時には、この本を“使ってみて”ほしい。

ひとつひとつ、
自分を紐解いていく本

©2017 NEW STANDARD
©2017 NEW STANDARD

『PICK ME UP』は、各ページに書かれている質問に答えを書き込んだり、お題にそって行動してみることで、自分自身がどんな思いを抱えているか、何をしたいのかが簡単に可視化できるようになっている。

悩みが頭の中でぐるぐるしている時は、なにを解決することから始めればいいのかもわからない。だからこそ、目次はナシ。パッと開いたページから始めてみよう。

たとえば、こんなふうに。

いま、怒っていることは?
いま、悲しいことは?

© PICK ME UP / Instagram

抱えている感情を
ひとつずつ書き込んでみよう

© PICK ME UP / Instagram

効果的だと思う
アドバイスを書いてみよう

© PICK ME UP / Instagram

いまどんな気持ち?
どうして?いつから?

© PICK ME UP / Instagram

次はなにをしてみたい?

© PICK ME UP / Instagram

心がモヤモヤしていて晴れないとき、人それぞれ起こすアクションは違うだろう。とにかく誰かに話してみて、アドバイスをもらうことで前向きになれる人。考えるのをやめて仕事に打ち込むことで、頭の中を整理する人。

「ノートに書き込む」という動作も、自分でも理解できていなかった心と頭の中の整理をしてくれる。何がツラくて、何が好きなのか、本当はどうしたいのか。思考のプロセスごと目に見えるようになると、もっと気づけることが増える。

目標は書いておいた方がいいとよく言われるのも、書いて目で見ることで意識がハッキリとして、自然とその目標に近づく行動ができるようになるから。(ドリーム効果と呼ばれている)

©2017 NEW STANDARD

自分でも自分がよくわからないときは、気張らずに、そのままの状態でペラッとこの本を開いてみよう。

未来のあなたが同じように悩んだ時も、ここに書き残しておけば、何度だって立ち戻ることが出来る。あなたを一番救えるのは、あなたしかいないのだから。

なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...