本をまったく読まない僕が「飢えたケモノのように一気読みした」本。

どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢れているのです。
 
だれにもわかってもらえなくても、「わたしはこれが好き!」と言い切れたらそれはとても素敵なことだし、「わたしも!」とおなじことを思う人があらわれてくれたら、もっと素敵ですよね。もちろん、無理になにかを好きになる必要はないけれど、“好きなもの”を語るだれかの言葉にふれるのは、清々しくて、いいものです。
 
東京・赤羽にあるR&B喫茶店のオーナーに、オール・タイム・フェイバリットなものを5つ挙げていただきました。今回は2回目。ひとつずつデイリーで紹介します。前回はこちらから! 
柴田秀行さん

 赤羽にあるR&B喫茶『CAFE B-3』のマスター 

#FAVORITE 02.
山田風太郎
『明治小説全集 地の果ての獄 上・下』
 

82517fbc1403387d81d99660045dbf72b47e0d39

 

■ 読み始めたきっかけは?

柴田:雑誌で “無人島に持っていきたいレコード” 特集があって、そこで音楽評論家の大鷹俊一さんが、レコードと一緒に持っていきたい小説としてこの作品をあげていて。あの方の文章が好きだったし、あの方が好きなものも好きだったので(笑)、立ち読みしてみたんです。そしたらもうその瞬間に面白くて。本をまったく読まない僕が、飢えた獣のように一気に読んだのがこれです。20代前半とかだったかな。

 

■ 立ち読みした瞬間に....。内容が気になります。

柴田:タイトルにあるように、明治時代にスポットをあてている物語なんです。それまでの日本の文化がひっくり返って、社会構造も大きく変わった時代で。

いわゆる、社会の中で勝者と敗者に分かれた部分もあるし、異文化も入ってくる。雑多な中で絡まる人間の情念を、上手いことエンターテインメントに絡めていて。人の世の儚さ、怨念とか情念、男と女の愛憎劇もあり。登場人物も、実在する人物と、まさかの山田風太郎が創作した人物が絡むんですよ(笑)。

スリルもあって
スピード感がすごい!

 

■ 実在した人物と創作された人物が絡み合うって、新しいです。

柴田:しかも、ポイントで自分が知っているような歴史的な事件とかもちゃんと挟まってくるところも関心を持てるところ。実際の人物と風太郎が創作した人物が絡みあって、西南戦争が起きたり。人生観とか情念を独自のフィルターを通して、本当にうまく表現しているなって。それをちゃんと、面白おかしくエンターテインメントにしているのがすごい。

 

■ 楽しみながら歴史の理解も深められると。

柴田:話はめちゃくちゃだし(笑)、キャラクター設定とかは作者の創作なんですけど、その落ちとしてはちゃんとみんなが知っている事件があって。そこで読んでいる方は流れを理解して納得できますよね。あと、スピード感がすごい! 次から次に新しい人物がでてきて、スリルもあって。

フィクションとノンフィクションを上手い具合に絡めていて、これも前回語ったことですが、リアルとファンタジーのバランスが絶妙だなと思います。その間で交わる群像劇、やっぱり好きですね。

“ぜひ、これを見て!”

『偉人たちの、偉業じゃない(!)エピソードたち』

本当のエピソードなんですけど、たとえば伊東博文が、じつは女の人が大好きで遊郭通いがすごくて...とか、福沢諭吉はお調子者で...とか、偉人たちのあまり公にならない部分にスポットをあてて、笑わせてくれます。偉業のみならず、外伝も知ることができるのもこの本のおもしろさ!

 

ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話を伺いました!最終回となる...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
独断と偏見でピックアップしました。
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...