明治時代からつづくマシュマロ和菓子屋さんのかわいい新作

マシュマロと和菓子。一見むすびつかなさそうなふたつの融合物「マシュマロ和菓子」なるものが存在する。しかも、明治時代から。その元祖マシュマロ和菓子屋さん、岡山県にある「つるの玉子本舗」さんが新たなブランドを立ち上げたという。

明治時代に大ヒット!
日本初のマシュマロ和菓子

ふんわり柔らかいマシュマロで黄身餡を包んだ「つるの玉子」

それがこちら、「つるの玉子」だ。完成したのは、今から130年前のこと。当時またたく間に大ヒットとなり、それ以来現代まで愛されつづける岡山の銘菓となっている。

だけどこれ、初代の「挑戦」なくしてはなし得なかったこと。まず、日本に入ってきたばかりのマシュマロのつくり方を外国人から学ぶ。そしてそれを和菓子に活かすことを考えて、試作する…。「創造することへの情熱」と、「常に前進し続けるチャレンジ精神」にあふれた初代の話は、現代の四代目に至るまで大事に語り継がれてきたのだろう。

そして、「つるの玉子」誕生から130年経った節目の年に、四代目の下山和己さんが立ち上がったのだ。“初代がそうだったように”と原点に立ち返り、マシュマロを使った新たな和菓子づくりに「挑戦」する。それが、冒頭でご紹介した新ブランド「つるたま」なのだ。

どうしてもまず、見た目に
惹きつけられる

 1.重-ju マシュマロ羊羹

左から「マシュマロ×ようかん」「南瓜マシュマロ×抹茶ようかん」「木苺マシュマロ×白ようかん」

 

2.円-en 表裏マシュマロ

左から「木苺×竹炭マシュマロ」「甘夏みかん×竹炭マシュマロ」「緑茶×竹炭マシュマロ」「プレーン×竹炭マシュマロ」

 

3.点-ten 和マシュマロ

餡を練りこんだ、ありそうでなかった餡子味のマシュマロ

 

4.玉-gyoku マシュマロ饅頭

元祖マシュマロ和菓子「つるの玉子」のオマージュ。胡麻餡入りのマシュマロ饅頭。

 

見た目の美しさもさることながら、あの“マシュマロっぽい”食感も、ほかの素材とのマッチングも。ぜんぶを徹底的に追及して生まれた、新生・マシュマロ和菓子たちである。

そして現在、これ以外にも、季節の素材を活かしたものや、さらなる新しいマシュマロ和菓子を開発中なんだとか。何もないところからマシュマロ和菓子を生み出した初代の魂を受け継ぎ、「つるたま」は今後も挑戦を続けていく。

Licensed material used with permission by つるたま, つるの玉子本舗下山松壽軒
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
「毎日通えたらいいのに」と、思わずにはいられないカフェ&喫茶店を見つけました。場所は、岡山県倉敷市の、倉敷美観地区(くらしきびかんちく)。「cafè EL...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...