バレンタインが終わった今、「桜餅」の話をしよう

今年もバレンタインの季節が終わりました。甘党が今こそ目を向けるべきもの。それはチョコレートではなく、和菓子です。

隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。いつも旅の話を書いていますが、今回桜餅の話をするのも、旅と関係がないわけではありません。

4947274916429824

世界の郷土菓子を見渡してみても、四季折々のお菓子がこんなに存在するのは、日本くらいのものだと気付かされました。以前、ユーラシア大陸を自転車で横断した郷土菓子研究社・林周作さんの記事を書きましたが、彼も同じことを話し、和菓子の魅力を語ってくれました。

今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、都内の桜餅の名店を3つご紹介させていただきます。

桜餅には2種類ある

そもそも桜餅には、「長命寺桜餅」と「道明寺桜餅」の2種類があるということをご存知でしたか?

桜餅が生まれたのは、江戸時代のこと。享保2年(1717年)、8代将軍徳川吉宗が隅田川沿いに桜を植えさせたことで、花見客で賑わうようになりました。

しかし、大変だったのは桜の葉の処理。向島・長命寺の門番をしていた山本新六は、「この桜の落葉を何かに生かせないか」と考え、塩漬けにし、餡を包んだ皮に巻いて試しに露店で販売してみたところ、これが大いに繁盛し、後に長命寺の中で桜餅を売るようになったそうです。

今でも向島の和菓子店「長命寺桜もち」では、当時から変わらぬ味を受け継いでいます。

長命寺桜餅が江戸風・関東風と言われるのに対し、道明寺桜餅は上方風・関西風と言われています。こちらは小麦粉ではなく、「道明寺粉」という材料で皮を作っています。

道明寺粉は、大阪府藤井寺市の道明寺で最初に作られた、水に浸し蒸したもち米を干して、粗めにひいた食品。もともとは保存食として使われたそうです。

道明寺桜餅は、団子状に丸くして餡を包んだもので、ツブツブの食感が残っています。それが長命寺桜餅との違いですが、塩漬けの桜の葉で包まれているという点は共通しています。

01.
コリドー街の名店
銀座甘楽(銀座)

「銀座甘楽(かんら)」は、帝国ホテル側から銀座コリドー通りに入ってすぐのところにあります。この銀座本店を含め、東京都近郊に計12店舗を構えていますが、創業からまだ10数年しか経っていません。確かな味が、店の急成長を支えているのです。

5981149243375616

「うちの小豆は、北海道の留寿都にある契約農場で栽培しています」

とお店の方が話してくれました。そのこだわりの小豆を使って、店舗奥の工房で餡を炊いています。

6169071242444800

看板商品は豆大福や、もちっとした食感がおいしい銀六餅ですが、やはり今回のお目当ては桜餅。見た目がかわいらしく、2種類を一度に楽しめる「紅白道明寺」をチョイス。ピンクの餅にはこし餡が、白い餅には白餡が入っていました。小ぶりで食べやすく、餡はどちらもおいしいです。

02.
黒糖をつかった「夜桜餅」が絶品
芝神明 榮太樓(大門)

増上寺近くにある「芝神明 榮太樓」は、明治18年(1885年)創業、130年以上の歴史を誇る老舗です。日本橋にある「榮太樓總本鋪」からのれん分けされた店で、現在のご主人・内田吉彦さんは4代目。店先の題字は、先代の戦友だった芸術家・岡本太郎に書いてもらったものだといいます。

5113839116877824

ここには「長命寺」と「道明寺」のほかに、「夜桜餅」(製法は道明寺と同じ)という商品が並んでいました。

「これはね、黒糖を使っているんですよ。皮にも、餡にも」

6377974425190400

絶品でした。黒糖の風味は強すぎず、遅れてふんわりとやってきます。黒糖を使った桜餅は珍しいので、春の手土産にもってこいだと思います。

ちなみに店の看板商品は、文豪・尾崎紅葉が名付け親の「江の嶋最中」で、1902年に誕生したもの。アワビ、カキ、ホタテ、アカガイなどの貝殻をかたどったひと口最中で、中の餡も粒餡、白餡、ゴマ餡、こし餡、柚子餡とすべて異なっています。これも大好きな和菓子です。

03.
スティーブ・ジョブズが愛した味
赤坂青野(赤坂)

明治32年(1899年)創業の「赤坂青野」では、店長の武田さんからおもしろい話を聞くことができました。

4736687032762368

2009~2010年頃、あのスティーブ・ジョブズがこの店の和菓子をとりわけ気に入り、カリフォルニアに取り寄せていたといいます。

「来店した依頼人の方は、『カリフォルニアに和菓子を届けてほしい』と言うのですが、『届け先を教えることはできない』と」

5543273301016576

店側は2週間おきに12,000円の詰め合わせの商品を半年間送り続けていたそうで、後に依頼人から、その相手がスティーブ・ジョブズだということを告げられたのだとか。そんな裏話に興奮し、しばらく桜餅が用意されていることを忘れてしまっていました。

ここにも長命寺と道明寺があります。長命寺には二色あり、ピンクの生地にはこし餡が、白い生地には粒餡が入っていました。滑らかで上品な甘さの餡。ジョブズに想いを馳せながら食べる桜餅。イチ押しです。

4550524896542720

話が止まらなくなってしまうので今回は3店舗の紹介に留めましたが、ぜひみなさんの街の和菓子屋さんで、桜餅を味わってみてください。

デパ地下に行けばたくさんの商品が並んでいると思いますが、たまには街にある素朴な和菓子屋さんに足を運んでみましょう。店員さんに「これもおすすめですよ」と言われ、ついつい別の商品にも手を出してしまう、そんな温かい時間も和菓子の良さだなと感じています。

Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
恋人がいれば「リア充」なんてカテゴライズされるのもおかしいし、ひとりでも自立して幸せに過ごしている人たちが、クリスマスやバレンタインで肩身の狭い思にさせら...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
高山都さんも20代前半は心にだいぶムリをしていたそうです。転機は「走る」ことと出会ってから。細かいルールは決めずに、とにかく毎日、それを続ける。近著『高山...
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...