ふらりと立ち寄りたくなる、東京都内の「ゲストハウス」5選

“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされていたり、カフェを併設したりと、デザイン性が高いので女性の一人旅にもオススメです。

ここでは前田有佳利さんの著書『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide-』から、都内の気になるスポットをご紹介。

ふらりと立ち寄りたくなる安くて快適な空間。魅力たっぷりのオーナーたちの想いが詰まったゲストハウスに、足を運んでみては?

 01.
アート好きが楽しめる
「Kaisu」
(港区)

49e7e1047d5a296f8b0756a14592ffae250111bc

赤坂という最高のロケーションに佇むのは、築60年の歴史があり、かつて政界や財界の名立たる著名人が訪れたといわれる旧料亭・島崎をフルリノベーションしたゲストハウス。

創業は、大学時代にボストンでルームメイトだったいう河津さんと鈴木さんの男性2名。Kaisuを介して国境を越えた繋がりが広がることを願い、馴染みのある東京西側で2015年6月に開業。定期的にアート展示会を開催していて、併設されたカフェ&バーは中庭を眺めることもできます。

3b71b60dd918d271ad6b87113f43c70a74b1d0e7C8859229a44e50e9c1c54d214f0b495ba2a6a7745207a5316dbdfe63d916575b4e1bd060f2eb5aff

東京都港区赤坂6-13-5
(赤坂駅より徒歩5分)
6-13-5,Akasaka,Minato-ku,Tokyo
03-5797-7711
http://kaisu.jp/ja/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,900円〜、個室1室10,500円〜
朝食込

 02.
BARが英会話教室に
「ゲストハウスtoco.」
(台東区)

2687575946cc724aaf740fe383843cb36978ee43

伝統的な祭りも多く残る下町・入谷。Backpackers' Japanが運営するこのゲストハウスは、旅の世界観を場所という手段で伝えようと2010年10月に開業したのがはじまり。虹色の階段とツリーハウスのようなカウンターを持つBARラウンジが印象的です。

展示やイベントを開催することもあり、BARタイムには宿泊者だけでなく周辺住民も訪れ、海外ゲストと会話を楽しむほど。宿泊者専用となる築95年の日本家屋は、縁側から庭を眺めることができ、桜や紅葉など四季折々の表情を堪能できます。

4d10922364715ed83e7b301ca77d2057046b73e162b34f94114d4d8cec0b361519a362e0aa08b2f8B36a09a7f1216bcb9f08a6b9fe988de2ba4db7b4

東京都台東区下谷2-13-21
(入谷駅より徒歩3分)
2-13-21,Shitaya,Taito-ku,Tokyo
03-6458-1686
http://backpackersjapan.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名2,800円〜、個室1室6,800円〜

 03.
一人の時間も大切にできる
「IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen」
(中央区)

E06d30c13e143bb005971570c477443a136fce85

“もっとローカルな旅へ、もっと手づくりな旅へ” R.projectが運営するこのホステルは、2015年10月に日本橋の繊維問屋街に開かれました。成田・羽田空港から電車で1本、最寄り駅も3つとかなりの好アクセス。

都心で地方の魅力を発信し、新たな動線をつくり出すことを目的としており、地方をテーマにした展示会や体験型のイベントも多数実施。1階の囲炉裏は自然と宿泊者が集い、地方から仕入れた干物を注文して自ら炙るなど、ナチュラルにローカルに触れることができます。

C28a19d1a7cb30ad08a3be778e788a016856f53fA6b0b4e10eecf0b653a1ed1ec5729dc44deaa382415015c9975878bb5eaab229e9d930efd75c1d9a

東京都中央区日本橋横山町5-13
(馬喰町駅より徒歩3分)
5-13,Nihombashiyokoyamacho,Chuo-ku,Tokyo
03-6661-0351
http://irorihostel.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,800円〜

 04.
下町でほっとひと息
「東京ヒュッテ」
(墨田区)

6960914415a2b1c25264e0ac78627a046218ba87

東京スカイツリーに近い川沿いの下町。2階建ての元金物倉庫を改装して、2014年8月に屋上テラス付きの宿が開かれました。創業者は、塩田さん姉弟と友人である藤綱さん。アウトドア好きで海外経験豊富という共通点を持つ3人が「いつか一緒に店を持とう」という約束が実現したのです。

仲間が気軽に集えるようにと“山小屋”を意味する屋号に。1階のcoffee&barは、製法にこだわった焙煎珈琲を提供。電源やWi-Fiだけでなくプリンター・FAX・文房具などを完備し、コワーキングスペースとしても開放しています。

Dff9625a11d6569237813298a8c7ead26ac62f55

運が良ければ看板犬「こ豆」に出逢えるかも。

C14b58448513c56d787064038c5e94f5c5761ea376f41fc1a2d845b94e0479cd4cd20030e70e57c8

東京都墨田区業平4-18-16
(押上駅より徒歩2分)
4-18-16,Narihira,Sumida-ku,Tokyo
03-5637-7628
http://www.tokyohutte.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,000円〜、個室1室7,500円〜

 05.
女性のひとり旅にも。
「レトロメトロバックパッカーズ」
(台東区)

B14792ad470d91a0a4b8924659f83e9a9e517cc4

大正時代から続く西浅草の問屋街、かっぱ橋道具街。路地を逸れると、ガラス戸に愛らしい白文字が浮かぶ一軒のゲストハウスが。オーナーのなえさんが開業に至ったのは、2012年3月のこと。

東日本大震災を機に、“海外の人を日本で迎え入れる仕事がしたい”と、築60年の金物屋を手間暇かけて丁寧に改装しました。洞穴のように丸みを帯びたリビングの茶色い壁、何重にも塗られた独特の色合いを放つ階段の側面、思い出の地をかたどって削られた木製扉など。オーナーの人柄を映し出すような、ほっと一息つきたくなる空間です。

C45d907c9c27bd249c10a6726a6d0282338cc835B927b4195d57fe4cc871935f144240691650b9adE8542dd0d5068e64d6107b24cfcf6a996534f59f

東京都台東区西浅草2-19-1
(田原町駅より徒歩6分)
2-19-1,Nishiasakusa,Taito-ku,Tokyo
03-6322-7447
http://retrometrobackpackers.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,600円〜

「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...