ふらりと立ち寄りたくなる、東京都内の「ゲストハウス」5選

“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされていたり、カフェを併設したりと、デザイン性が高いので女性の一人旅にもオススメです。

ここでは前田有佳利さんの著書『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide-』から、都内の気になるスポットをご紹介。

ふらりと立ち寄りたくなる安くて快適な空間。魅力たっぷりのオーナーたちの想いが詰まったゲストハウスに、足を運んでみては?

 01.
アート好きが楽しめる
「Kaisu」
(港区)

赤坂という最高のロケーションに佇むのは、築60年の歴史があり、かつて政界や財界の名立たる著名人が訪れたといわれる旧料亭・島崎をフルリノベーションしたゲストハウス。

創業は、大学時代にボストンでルームメイトだったいう河津さんと鈴木さんの男性2名。Kaisuを介して国境を越えた繋がりが広がることを願い、馴染みのある東京西側で2015年6月に開業。定期的にアート展示会を開催していて、併設されたカフェ&バーは中庭を眺めることもできます。

東京都港区赤坂6-13-5
(赤坂駅より徒歩5分)
6-13-5,Akasaka,Minato-ku,Tokyo
03-5797-7711
http://kaisu.jp/ja/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,900円〜、個室1室10,500円〜
朝食込

 02.
BARが英会話教室に
「ゲストハウスtoco.」
(台東区)

伝統的な祭りも多く残る下町・入谷。Backpackers' Japanが運営するこのゲストハウスは、旅の世界観を場所という手段で伝えようと2010年10月に開業したのがはじまり。虹色の階段とツリーハウスのようなカウンターを持つBARラウンジが印象的です。

展示やイベントを開催することもあり、BARタイムには宿泊者だけでなく周辺住民も訪れ、海外ゲストと会話を楽しむほど。宿泊者専用となる築95年の日本家屋は、縁側から庭を眺めることができ、桜や紅葉など四季折々の表情を堪能できます。

東京都台東区下谷2-13-21
(入谷駅より徒歩3分)
2-13-21,Shitaya,Taito-ku,Tokyo
03-6458-1686
http://backpackersjapan.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名2,800円〜、個室1室6,800円〜

 03.
一人の時間も大切にできる
「IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen」
(中央区)

“もっとローカルな旅へ、もっと手づくりな旅へ” R.projectが運営するこのホステルは、2015年10月に日本橋の繊維問屋街に開かれました。成田・羽田空港から電車で1本、最寄り駅も3つとかなりの好アクセス。

都心で地方の魅力を発信し、新たな動線をつくり出すことを目的としており、地方をテーマにした展示会や体験型のイベントも多数実施。1階の囲炉裏は自然と宿泊者が集い、地方から仕入れた干物を注文して自ら炙るなど、ナチュラルにローカルに触れることができます。

東京都中央区日本橋横山町5-13
(馬喰町駅より徒歩3分)
5-13,Nihombashiyokoyamacho,Chuo-ku,Tokyo
03-6661-0351
http://irorihostel.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,800円〜

 04.
下町でほっとひと息
「東京ヒュッテ」
(墨田区)

東京スカイツリーに近い川沿いの下町。2階建ての元金物倉庫を改装して、2014年8月に屋上テラス付きの宿が開かれました。創業者は、塩田さん姉弟と友人である藤綱さん。アウトドア好きで海外経験豊富という共通点を持つ3人が「いつか一緒に店を持とう」という約束が実現したのです。

仲間が気軽に集えるようにと“山小屋”を意味する屋号に。1階のcoffee&barは、製法にこだわった焙煎珈琲を提供。電源やWi-Fiだけでなくプリンター・FAX・文房具などを完備し、コワーキングスペースとしても開放しています。

運が良ければ看板犬「こ豆」に出逢えるかも。

東京都墨田区業平4-18-16
(押上駅より徒歩2分)
4-18-16,Narihira,Sumida-ku,Tokyo
03-5637-7628
http://www.tokyohutte.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,000円〜、個室1室7,500円〜

 05.
女性のひとり旅にも。
「レトロメトロバックパッカーズ」
(台東区)

大正時代から続く西浅草の問屋街、かっぱ橋道具街。路地を逸れると、ガラス戸に愛らしい白文字が浮かぶ一軒のゲストハウスが。オーナーのなえさんが開業に至ったのは、2012年3月のこと。

東日本大震災を機に、“海外の人を日本で迎え入れる仕事がしたい”と、築60年の金物屋を手間暇かけて丁寧に改装しました。洞穴のように丸みを帯びたリビングの茶色い壁、何重にも塗られた独特の色合いを放つ階段の側面、思い出の地をかたどって削られた木製扉など。オーナーの人柄を映し出すような、ほっと一息つきたくなる空間です。

東京都台東区西浅草2-19-1
(田原町駅より徒歩6分)
2-19-1,Nishiasakusa,Taito-ku,Tokyo
03-6322-7447
http://retrometrobackpackers.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,600円〜

関連する記事

「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
人との交流や旅行が憚れるようになり、「#StayHotel」がムーブメントに。Go To トラベルキャンペーンを使ってお得にホテルに泊まり、非日常体験をす...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
東京都内でオススメのシーシャ5選を紹介。2019年にオープンしたばかりの新店を中心に、2020年注目のコンセプトのあるシーシャをピックアップしました。飲み...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
フィンランドを代表するメタルバンド「Stam1na」のメンバーが、必死で何かを作っている......。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...