2020年注目!東京都内の「おすすめシーシャ6選」

都内で続々オープン
“コンセプトのあるシーシャ”

今回は東京都内に数ある店舗のなかでも、2019年にオープンした店舗を中心に、アートや禅、茶室やコワキングスペースなどと掛け合わせた、“コンセプトのあるシーシャ”を紹介。

二次会やデート、ひとりで考えごとや仕事をしたいときにも、シーンや気分に合わせてシーシャのお店を使い分けるのがオススメです。暗い、入りづらいなどの理由でシーシャに行ったことがない人や、新規開拓をしたい人はぜひ。

アート×シーシャ
HOTBOX【中目黒】

HOTBOXの店内
©2020 NEW STANDARD
アート作品
©2020 NEW STANDARD
サクラのシーシャ
©2020 NEW STANDARD

最初に紹介するのは、2019年11月に中目黒駅から徒歩30秒という好立地にオープンした「HOTBOX」

「MIG(Made in Germany)」というドイツ製のガラス機材(1台約5万)で味わうシーシャは密閉性が高く、煙が非常に繊細。フルーツの果肉を使用した「ノンニコチンフレーバー」のラインナップ約30種類と豊富。初心者の人でも気兼ねなく楽しめます(※店内は喫煙可)。

またHOTBOXでは、月替りで若手アーティストのアート作品の展示も開催中。二次会やデートに使えるこのお店は知っておいて損なしです。

オススメポイント
・アートな空間でオシャレ
・本格シーシャが味わえる
・「ノンニコチンフレーバー」の品揃えが豊富
オススメのシチュエーション:二次会、ひとり
名物フレーバー:サクラ(中目黒といえばサクラ!サクラの花びらがそのまま入ったシーシャはピーチフレーバーで、見た目も可愛い。)

HOTBOX
【住所】東京都目黒区上目黒3-7-5 AOIHOUSE NAKAMEGURO Sビル 201
【アクセス】中目黒駅から徒歩30秒
【営業時間】月〜金:15時〜2時/土・日・祝:13時〜2時
【電話番号】03-6303-1473
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:全席完備
・喫煙可否:全席喫煙可
・アルコール持ち込み可否:持ち込み不可
・フード持ち込み可否:可(ニオイの強い食べ物を除く)

禅×シーシャ
Cafe and shisha bar 禅-zen-【赤坂】

Cafe and shisha bar 禅-zen-の店内
©2020 NEW STANDARD
シーシャを吸うイメージ
©2020 NEW STANDARD
こだわりのシーシャ機材
©2020 NEW STANDARD

リニューアルしたてのホテル(フェリーチェ)の1Fにあるのは、「禅」をテーマにしたシーシャ「Cafe and shisya bar -禅-」

ここは明るく、和モダンな空間で昼からシーシャを楽しめるお店。シーシャとしては珍しく禁煙なので、シーシャの香りを楽しみたいという人や、紙タバコのニオイや煙が苦手な人にオススメです。

人気のサウナ「SAUNA RESORT ORIENTAL(サウナ・リゾートオリエンタル)も300m先にあります。整ってからのシーシャもいいかも。

オススメポイント
・明るい空間で入りやすい
・禁煙なので紙タバコが苦手な人も安心
・昼から利用可能(11時からオープン!)
オススメのシチュエーション:サウナ後、二次会、ランチ後
名物フレーバー:ゲイシャ×ブルーヘブン×パッションフルーツ

Cafe and shisha bar 禅-zen-
【住所】東京都港区赤坂3丁目12-5
【アクセス】東京メトロ銀座線赤坂見附駅から徒歩5分/東京メトロ千代田線赤坂駅から徒歩3分
【営業時間】日〜木:11時〜24時/金・土・祝祭日前:11時〜4時30分
【電話番号】03-6441-2338
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:全席完備
・喫煙可否:完備
・アルコール持ち込み可否:持ち込み不可
・フード持ち込み可否:(ニオイの強い食べ物を除く)

焚き火×シーシャ
A MOMENT【恵比寿】

A MOMENTの店内
©2020 NEW STANDARD
バーカウンター
©2020 NEW STANDARD
A MOMENTの焚き火
©2020 NEW STANDARD

ガーデンプレイスの近くという好立地に、2019年10月にオープンしたのが焚き火のあるシーシャ「A MOMENT」

都内で焚き火を見ながらシーシャを吸えるお店は現時点でここだけです。店内にはSnowpeakのチェアやDJブース、外にはテラス席もあります。大きな窓のおかげで解放感は抜群。夜はもちろん、昼にカフェ感覚で行くのもオススメです。

大人数の貸切、ケータリングもできるので、気のおけない仲間と好きな音楽をかけてパーティするのもいいですね。雰囲気抜群なので、大人の女子会やデートでもどうぞ。

オススメポイント
・焚き火を見ながらシーシャが吸える
・開放的な空間でお昼も気持ちいい
・貸切(半貸切)もOK
・フレーバーの種類が豊富(190種類以上、店内で購入可能)
オススメのシチュエーション:恵比寿で女子会、デート
名物フレーバー:ドルチェデレーチェ+カンタロープ(マスクメロン)+ピスタチオブリーズ

A MOMENT 恵比寿
【住所】渋谷区恵比寿南1-23-1 ABC亜米利加橋ビル3F
【アクセス】恵比寿駅から徒歩3分、
【営業時間】日〜水:13時〜24時/木〜土:16時〜4時
【電話番号】03-6412-8480
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:完備
・喫煙可否:喫煙可
・アルコール持ち込み可否:不可
・フード持ち込み可否:可(ニオイの強い食べ物を除く)

お茶×シーシャ
いわしくらぶ東京支店【水道橋】

いわしくらぶのバーカウンター
©2020 NEW STANDARD
水道橋のシーシャ「いわしくらぶ」の店内
©2020 NEW STANDARD
自然光の差し込む「いわしくらぶ」
©2020 NEW STANDARD
吸うお茶「お茶シーシャ」
©2020 NEW STANDARD

2017年5月にオープンにした“街の喫茶店”のような存在、「いわしくらぶ」は都内で唯一「お茶」を吸えるシーシャです。

自然光が差し込む明るい店内は入りやすい雰囲気。10YCのこだわりのアパレルグッズや本も販売されています。

ここの「お茶シーシャ」は、時間の経過と共に変化していくお茶(今回は美濃加茂茶舗の緑茶)の甘みや旨味を、嗅覚で楽しむことができる新感覚のシーシャ。カフェイン効果で目が冴えるので、仕事や読書のお供にピッタリです。

じつはこのお茶シーシャは2月19日までクラウドファンディングを受付中だった「#吸うお茶」のプロダクトの試作品。よって、まだレギュラーメニューにはありません。クラウドファンディングの支援者には6月から先行提供開始予定、2021年春から一般提供開始を目指しているそう。

お茶フレーバー(緑茶、ほうじ茶、煎茶)の定番シーシャはあるので、まずはそちらをお試しあれ。

オススメポイント:
・街の喫茶店のような空間で落ち着く
・アパレルや本も販売
・お茶シーシャが楽しめる
オススメのシチュエーション:ひとり、少人数、仕事終わり
名物フレーバー:お茶(美濃加茂茶舗の緑茶)

いわしくらぶ東京支店
【住所】東京都千代田区神田三崎町2-19-4 矢嶋ビル3F
【アクセス】水道橋駅から徒歩1分
【営業時間】月〜金:14時〜24時/土日:12時〜24時 / 不定休
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:完備
・喫煙可否:喫煙可
・アルコール持ち込み可否:不可
・フード持ち込み可否:可(ニオイの強い食べ物を除く)

コワーキング×シーシャ
NORTHVILLAGE_CO-WORKING渋谷【渋谷】

ミーティングにも最適な4人がけのボックス席
©2020 NEW STANDARD
1人がけのイスも充実したコワーキング渋谷でシーシャを吸いながら作業
©2020 NEW STANDARD
ノースヴィレッジコワーキング渋谷の2階
©2020 NEW STANDARD

2019年12月にオープンした「NORTHVILLAGE_CO-WORKING(ノースヴィレッジ コワーキング)渋谷店」は、ワークスペースが充実した業界初のシーシャ。

用途や気分によって2つのフロアを使い分けできるのが魅力です。下のフロアは少し暗めで隠れ家のよう、上のフロアは印象がガラリと変わり、明るくて開放的な雰囲気です。


特に上のフロアはワークスペースが充実。8人くらいは余裕で座れそうな大きなテーブルや、4人がけのボックス席が2つ、もちろんひとり席も完備されています。膝に乗っけるタイプのテーブル付きクッションもあるので、PCで作業したり、読書したりするには最高の環境。このフロアは禁煙なので、タバコが苦手な人もぜひ。

オススメポイント:
・ワークスペースが充実
・用途や気分に合わせて様々なタイプの席を完備(1人〜大人数まで対応!)
・禁煙なので紙タバコが苦手な人も安心(上のフロアのみ禁煙)
オススメのシチュエーション:打ち合わせ大人数でもOK)、映画後、ひとり
名物フレーバー:Sweetest lovers (NORTH VILLAGE オリジナルメロンMIX)

NORTHVILLAGE CO-WORKING 渋谷店
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-8-8 日立建物渋谷第一ビル4F〜5F
【アクセス】渋谷駅から徒歩1分(井の頭線側)
【営業時間】月〜金:14時〜24時/土日:12時〜24時 / 不定休
【電話番号】03-5422-3065
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:完備
・喫煙可否:下のフロアは喫煙可、上のフロアは禁煙
・アルコール持ち込み可否:不可
・フード持ち込み可否:可(ニオイの強い食べ物を除く)

茶室×シーシャ
NORTH VILLAGE六本木ジパング【六本木】

ノースヴィレッジ六本木ジパングの「茶室」
©2020 NEW STANDARD
fumoで吸うフルーツシーシャ
©2020 NEW STANDARD

2019年11月にオープンした「NORTHVILLAGE(ノースヴィレッジ)六本木ジパング」は先ほど紹介したNORTHVILLAGE_CO-WORKING(ノースヴィレッジ コワーキング)渋谷の姉妹店。

ノースヴィレッジはお店によってテーマや内装が異なります。六本木ジパング店は、本棚の隠し扉向こうにある秘密の茶室「VIP ZIPANG ROOM」が特徴。

“織田信長がタイムマシーンで未来を見て、そこで感銘を受け未来と今を融合させた最強の茶室を自身の庭園につくり、そこにそこに千利休を呼んで自慢をしながらシーシャを吸う”というコンセプトでつくれた茶室VIPルームはとにかくかっこいい。事前の電話予約や貸切(別料金)も可能です。

ここでは「fumo」という高級機材で吸うフルーツシーシャが絶品。その他にも、「medeus」(世界の5つ星ホテルと提携している機材)や「wookah」(海外の王族に人気のポーランド製機材)といった本格シーシャ機材が揃っています。

店長のSHOさんにオーダーする時は、カクテルを頼む時みたいに、今どんな気分でどんな味が吸いたいか伝えてみてください。イメージ通り、いや、イメージを超える美味しいシーシャに出逢えますから。

オススメポイント:
・個室「VIP ZIPANG ROOM」を完備
・高級機材が豊富
・フルーツシーシャが絶品
・立地がいい(ショッピングや映画鑑賞後に立ち寄れる)
オススメのシチュエーション:接待、打ち合わせ、ひとり
名物フレーバー:MEDUSE (青森県産りんごを使用したオリジナルMIX)

 

NORTH VILLAGE六本木ジパング
【住所】東京都港区六本木4丁目 11−8 フランセビル6F
【アクセス】六本木駅から徒歩1分
【営業時間】日〜木・祝日:14時〜4時/金・土・祝前日:14時〜5時 / 不定休
【電話番号】03-5843-1840
【備考】
・FREE WiFi:完備
・電源:完備
・喫煙可否:喫煙可
・アルコール持ち込み可否:不可
・フード持ち込み可否:可(ニオイの強い食べ物を除く)

※シーシャ(水タバコ)はタバコの一種です。20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。喫煙は、様々な疾病になる危険性を高め、あなたの健康寿命を短くする恐れがあります。ニコチンには依存性があります。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
先日6日、「ハーバード大学」は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて、9月から始まる新学期の講義をすべてオンラインへ移行することを発表した。ただ...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
2020年東京オリンピックに合わせて「新宿マルイアネックス」にLGBTQの交流・情報発信の拠点となる「プライドウハウス東京2020」の開設が決定。
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
東京都内で次々と誕生しようとしているのが、障害のある子もない子も一緒に遊べる公園。来年4月の設置完了に向けて整備が進む「都立砧公園」をはじめ、都は公園のバ...
タバコもお酒もやらないのに、最近結構ハマっている人がい多い「シーシャ」。密かな楽しみのように街なかのカフェやレストランでも提供するお店も続々と。よく旅先で...
デジタルタトゥーの意味やインターネットやSNSを使う時に気をつけたいことをご紹介。
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
2020年の1月7⽇〜2月16日、「東京都現代美術館」にて「東京2020公式アートポスター展」が開催される。オリンピックおよびパラリンピックの公式アートポ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
「ニューバランス」より新たに登場した「ML754」は、面ファスナーによりロゴが取り替え可能。気分やコーディネートによってさまざまなスタイルが楽しめる!
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
東京~伊豆大島などの航路に、3代目「さるびあ丸」と「セブンアイランド結(ゆい)」の新造船2隻が就航を予定。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
「クラブツーリズム」が11月5日から受付を開始したのは、日本船籍の客船「にっぽん丸」を貸し切り、来年7月31日に名古屋港を出発してクルーズを2泊楽しみなが...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...