重力を利用した「水パイプ」が誕生

7月10日、「Stündenglass」という企業が、重力を利用して煙を吸い込めるように設計した水パイプ「Gravity Hookah」の販売をはじめた。その使い方は国や地域によってさまざまだろうが、日本では今流行中のシーシャに合わせられるはずだ。

この「Gravity Hookah」は、水を入れるボトルが回転するようになっていて、その向きを変えることで、水が上から下に移動すると同時に煙が外に出る仕組み。つまり、吸う人がそれぞれマウスピースを持つ必要もないし、簡単に水パイプを回すこともできる。

値段は499.95ドル(約5万3000円)。日本への発送も対応しているので、スタイリッシュにシーシャを楽しみたい人は購入を検討してみるのもいいかもしれない。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アドレナリン全開だったんでしょうね。
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
「サ水(さみず)」は、昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーター。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。