水に浮かぶ「ドーム型アップルストア」がシンガポールに誕生!

「Apple」はシンガポールで3店舗目となるアップルストア直営店「Apple Marina Bay Sands」をオープンすることを発表した。

統合型リゾート施設「マリーナベイ・サンズ」の前に誕生する新しいこのストアだが、その水の上に浮かぶ巨大なオーブのような近未来的な建築デザインに注目が集まっている。

ストアのロゴとして採用されたのは、珍しく赤色の配色がされ、波紋をイメージしてデザインされたリンゴマーク。球体の下部は時間に合わせてさまざまな色のグラデーションに変化し、夜になると水の反射も合わさりシンガポールの夜景をより一層美しく彩ってくれるようだ。

アップルは「『Apple Marina Bay Sands』は創造力の中心地となり、あなたがアイデア情熱を得られるように用意した場所です。ここは、あなたが探究し、つながり、何か新しいものを創造するためのスペースになります」と同店舗のコンセプトについて発表。

オープン日についてはまだ発表されていないが、特設サイトでは「Apple Marina Bay Sands」をイメージしてデザインされた特別な壁紙を配布中。

お店とは思えないオブジェのようなこのアップルストア。シンガポールの新たなランドマークとして、たくさんの人で賑わうことは間違いないだろう。

© javanng/Twitter
Top image: © 2020 Apple Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事