「iPhone」がマスクを着用したままの顔認証に対応へ

「Apple」は先日、開発者向けの「iOS 14.5」ベータ版をリリース。

この最新バージョンでは「Apple Watch」と連携することで、マスクを着用したままでもiPhoneの顔認証が作動するようになっているという。

新型コロナウイルスの流行後、マスクの着用率が世界的に増えたことによって、最新のiPhoneに搭載された顔認証機能が作動しないことが問題となっていた。

マスクを着用しても反応する顔認証では、セキュリティの低下につながるが、連動した「Apple Watch」のロックが解除されているときのみ顔認証が可能となることでセキュリティ上の課題を解決。

また、マスクを着用したまま顔認証がおこなわれた場合には、Apple Watchが振動することで通知し、もし第三者によるロック解除がおこなわれ場合には、Apple Watchからの操作でiPhoneをロックすることができるようだ。

Apple Watchユーザーにとっては嬉しいこの機能。ほかにもいくつかのアップデートが含まれた最新iOSは、近日中に配信されるとのことだ。

Top image: © iStock.com/reklamlar
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Apple」がアメリカ時間の今月13日(火)に開催されたiPhoneイベントにて待望の新世代モデルとして「iPhone 12」シリーズを発表。
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
医療現場でも用いられている防塵マスク「N95マスク」をベースにしたユニークなマスクが話題。Webサイトを通じて、顔写真をアップロードすることで、マスクに自...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
AppleはiOSのセキュリティ構築に関わる研究者やハッカーたちのために、セキュリティ制限の一部を取り除いたiPhoneを製造、支給しているようだ。
アメリカでもっとも新型コロナの被害の大きかったニューヨーク市が、健康PR会社「Ogilvy Health」と手を組んでマスク着用を啓発する1本のビデオを製...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...