「IBM」が「顔認識システム市場からの撤退」を発表。その理由とは?

米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。

現在、米国を中心に世界規模で運動が起きている人種差別抗議デモに触発されたとみられるこの発表。そのなかには“顔認証テクノロジー市場から撤退”することが明記されているようだ。

今日に至るまで顔認証テクノロジーは、さまざまな状況で人種・性別に関するマイノリティを不当に扱う危険性があると指摘を受けてきたという。

同社は今後、顔認識サービスを販売しないことを誓っただけでなく、国内の法執行機関が顔認証テクノロジーをどのように使用するべきなのか「国民的議論」が必要であると呼びかけている。

また、同書簡を通して、警察の暴力を減らし、その説明責任を高める新しい法案「Justice in Policing Act」を支持することも表明。最新技術の導入は、警察による犯罪捜査を大きく助ける一方で、市民のプライバシー侵害につながるため、透明性を確保することが大切であると語っている。

業界を引っ張るテクノロジー大手の素晴らしい英断。構造的な人種差別が問題視されているなかで、人々を平等に扱う新しい基盤を作っていく必要があるようだ。

Top image: © ImageFlow/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
中国企業「Vivo」は、画面の中に指紋認証センサーを搭載した「Clear ID」という、最先端テクノロジーを採用したスマホが大量生産できるステージにいると...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
日本でも出入国審査の際に顔認証ゲートを使えるようになり、待ち時間の短縮が進んでいる。ドバイ国際空港では、チェックインや搭乗手続きまでも簡略化する様子。
性格の良し悪しが、顔に表れるというのは本当だと思う。眉毛の位置とか、目尻が上がってるか下がってるか、とかね。だけど最近発表された論文ではなんと、「お金持ち...
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...