「IBM」が「顔認識システム市場からの撤退」を発表。その理由とは?

米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。

現在、米国を中心に世界規模で運動が起きている人種差別抗議デモに触発されたとみられるこの発表。そのなかには“顔認証テクノロジー市場から撤退”することが明記されているようだ。

今日に至るまで顔認証テクノロジーは、さまざまな状況で人種・性別に関するマイノリティを不当に扱う危険性があると指摘を受けてきたという。

同社は今後、顔認識サービスを販売しないことを誓っただけでなく、国内の法執行機関が顔認証テクノロジーをどのように使用するべきなのか「国民的議論」が必要であると呼びかけている。

また、同書簡を通して、警察の暴力を減らし、その説明責任を高める新しい法案「Justice in Policing Act」を支持することも表明。最新技術の導入は、警察による犯罪捜査を大きく助ける一方で、市民のプライバシー侵害につながるため、透明性を確保することが大切であると語っている。

業界を引っ張るテクノロジー大手の素晴らしい英断。構造的な人種差別が問題視されているなかで、人々を平等に扱う新しい基盤を作っていく必要があるようだ。

Top image: © ImageFlow/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
「Apple」は先日、開発者向けの「iOS 14.5」ベータ版をリリース。この最新バージョンでは「Apple Watch」と連携することで、マスクを着用し...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
「アニコム ホールディングス株式会社」は「ペットの顔写真から病気を予想する疾患予測システム」と「その疾患予測方法」について、世界初となる特許を取得したこと...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。