顔認証システムのあるパトカーが「逃亡犯」を捕まえるように

少しでも多くの人が安全に暮らせるように、という願いが込められて開発された「Ekin Patrol G2」。もしも日本でこのプロダクトが使われるようになるとしたら、賛否が分かれると思う。

「犯罪者をすぐに逮捕できるようになる」や「テロリストの犯行を未然に防げるから採用するべき」。かたや、「いつもカメラに監視されてしまう」や「僕たちの生活が警察に管理されることになる」といった具合に。

盗難車や犯罪者を
見つけ出せる「センサー」

© 2017 Ekin

パトカーの上部に取り付けられるようにデザインされたセンサーが「Ekin Patrol G2」だ。ちなみに、すでにチューリッヒやロサンゼルスでテストが行われているらしい。

このセンサーは、道端の車のナンバープレートを認識し、盗難車かどうかを判断できる。自動で歩行者の顔を識別し、指名手配犯を見つけ出せる機能もある。また、駐車違反やスピード違反も取り締まれる。

冒頭でも言ったように、このプロダクトのスペックを知った人はポジティブ派とネガティブ派に分かれるだろう。

同じような最先端テクノロジーを採用したプロダクトは、パトカーではないけど中国警察が取り入れている。そして、すでに数々の成果を上げている。

テクノロジーを採用したことによるメリットが実証されているなら、この波に逆らうのは難しいだろう。拒絶するよりも、これらをどうやって生かしていくのかを考えたほうが建設的かもしれない。

Licensed material used with permission by Ekin
他の記事を見る
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
中国企業「Vivo」は、画面の中に指紋認証センサーを搭載した「Clear ID」という、最先端テクノロジーを採用したスマホが大量生産できるステージにいると...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...
ある警察官がとった賢明な判断により、一命を取りとめた小犬がいます。交通量の多い道路で、走る車から傷付いた犬を守ったばかりか、 その後誰も予想できない行動に...
Facebookに投稿されてから12時間のうちに、100万回再生されて話題になった、ニュージーランド警察の求人動画。潜入して犯人を捕まえようとする警官、住...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
犯罪者たちを捕まえるために、数々の厳しい訓練を乗り越えた警察犬。ペットとは明らかに違う、凛とした「勇ましい」イメージがありました。ところが、台湾の警察は抱...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
ダメなことをやってしまった時、悪いのは自分だと理解していても、頭ごなしに怒られるとつい反発しちゃうのが人間というもの。だからかどうかは分かりませんが、イギ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...