「フォートナイト」から「パトカー」が消えた!

6月17日、「Epic Game」の「フォートナイト」にて、チャプター2シーズン3の配信が開始。たくさんのアップデートがあったのだが、この記事で注目したいのは同ゲームから“パトカーが消えた”ことだ。

きっかけは、ジョージ・フロイドさんの死亡事件。『The Wall Street Journal』によれば、これは「Epic Game」の政治的声明ではなく、世界中のプレイヤーに配慮した結果とのこと。たしかに「Black Lives Matter」運動の盛り上がりを考えると、警察に対して不信感嫌悪感を覚える人も少なくないことは容易に想像できるだろう。

ちなみに、フォートナイトのプレイヤーは、世界中に3億5000万人以上もいるといわれている。

Black Lives Matter運動がゲーム業界にも影響を与えていることを考えると、あらためてその意味の大きさ感じることができるだろう。

Top image: © iStock.com/kali9
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

5月22日、「Epic Games」が「フォートナイト」にて、『インセプション』や『インターステラー』で知られる映画監督クリストファー・ノーランの新作映画...
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...
アメリカで最大規模の抗議デモが実施されたといわれる首都・ワシントンDCでは、現地時間の6月5日、ミュリエル・バウザー市長がホワイトハウス前の通りの名称を「...
6月12日、「スターバックス」がBlack Lives Matter運動への賛同を示すメッセージ入りのTシャツを従業員に対して25万枚以上配布すると発表した。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
登録ユーザー数3億5000万人を抱える人気ゲーム「フォートナイト」が、スマートフォンユーザー向けに配信をおこなっていた「アップル」と「グーグル」を提訴。ど...
先週、NYはロウアー・マンハッタンの市庁舎街にある「フォーリー・スクエア(広場)」に、Black Lives Matter運動に敬意を表した600フィート...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。