「フォートナイト」が「赤十字国際委員会」と協力した新ゲームモードを発表!

バトルロワイヤルモードで人気を博すゲーム「フォートナイト」「赤十字国際委員会(ICRC)」異色コラボした新ゲームモードを発表した。

新たに追加された「ライフラン」というモードでは「命を奪うのではなく命の救い方を教える」ことが目的となっているようだ。

ゲームを通して、地雷撤去救援物資の支給インフラ設備の建設など、実際に「赤十字」が戦地でおこなっている活動を体験することができるという。

同委員会担当者は「ゲームをプレイする若い世代へ"現実の戦争"へ意識を向けてほしい」と語っている。

また「ゲームのなかでは大抵自由に戦うことができます。現実の戦争を知っていますか?戦争では非戦闘員囚人負傷者を巻き込んではいけないということが"国際人道法"に規定されています。現実の戦争ですらルールがあるのです」と、特設サイトにメッセージが記載されている。

とてもユニークな方法で同委員会の活動を啓蒙しているこの企画。ゲームの人気も相まって、大きな効果が得られるのは間違いないだろう。

© BluDrive - Fortnite Creative/Youtube
Top image: © 2020, Epic Games, Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
LA発のスタートアップ企業「PlayVS」は、同ゲームを製作する「Epic Games」と「全米州立高校協会」と手を組み、高校生と大学生を対象とした公式リ...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
大阪府のインターネットサーバー管理会社「ビヨンド」は、国内で初めて「Minecraft」を用いた会社説明会を実施する。通常の説明会で配布する資料を壁面ブロ...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
Airbnbと国際オリンピック委員会(IOC)が共同で新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」を提供開始する。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
2017年、ゲーム風のPR動画が耳目を集めた京都府宇治市。あれから2年、『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』がスマホゲームになって帰ってくる!
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。