透明な「エコロッジ」、初夏のニュージーランドに逃亡したくなる!

好きな季節は冬より断然、夏派!そんな海、山、キャンプにときめく人は、今こそニュージーランドを旅先に選ぶべきだって気づきました。

だって、最近の日本は仕事後の帰り道が寒すぎますよね?

そこへいくと、ニュージーランドの11月後半から12月上旬は気温が上がり始めた初夏だし、12月中旬からはエアチケットの価格が跳ね上がるけれど、今なら8万円前後で購入できる日もある。さらに調べてみたら、10月〜3月の間は関西空港から直行便も運航。好条件が揃っているのを知ると、冷え込みはじめた日本を抜け出して「逃避したい!」ってなりません?

そして逃避計画を立ててたら、この「Pure Pod」が最高の宿泊先に思えてきて、ニュージーランドに行くぞ!って気分になりました。

全面ガラスで大自然を堪能
初夏にオススメの「Pure Pod」3選

©PurePods Ltd

「Pure Pod」は、床も屋根もぜ〜んぶガラス張りになっていて、室内にいながら空一面の星を眺めることができるアコモデーション(宿泊施設)。

広大な自然のなかにポツリと建てられているため、あたり一面誰も居ない、空を遮るものが何もないというロケーションにぴったり。夏の明るく爽やかな環境だからこそ味わいたい開放感です!さらにすごいのは、完全にオフグリッドだということ。電源はソーラーパネルで、ヒーターやお湯はバイオ燃料でまかなっていて、地球への負荷を最小限に抑えています。

ニュージーランド国内にはこんな「Pure Pod」が複数の場所にありますが、問い合わせてみたところ、初夏にオススメなのはこの3つだそうです!

Greystone Pure Pod

©PurePods Ltd

ワイナリーに囲まれている「Greystone Pure Pod」は、クライストチャーチから車で1時間ほど北上した場所にあります。

11月後半となると一面に緑が色づき始め、フレッシュなぶどう畑も部屋から見えるそうです。あらかじめ予約をしておくと近隣のワイナリーツアーに参加することもできるし、サイクリングコースの案内もあります。それらアクティビティの充実度が、「Pure Pod」のなかでもオススメNo.1とする理由です。

©PurePods Ltd

2018年9月に販売された、ニュージーランド在住の執筆家・四角大輔さんの新著『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』でも、このPure Podが紹介されていました。この本は、クラウドファンディングの支援金360万円を使って2ヵ月半かけて全土を旅し、実際に体験した場所だけを紹介したガイドブックとして大きな話題に。実際に宿泊した四角さんは「全面透明というブッとんだ構造で、環境負荷は最小限。これぞ、もっともニュージーランドらしい宿!」。とコメントしています。

Korimako Pure Pod

©PurePods Ltd

クライストチャーチから、北東に車を90分ほど走らせた場所にある「Korimako Pure Pod」。目の前にはグレタバレービーチが広がっていて、夕日が沈んでいく様子も部屋からバッチリ見えるのがポイントとのこと。

暖かくなってくるこの季節は、鮮やかな羽を持つ鳥たちが数多くみられるそうです。問い合わせたこの施設の担当者からは、「鳥たちのさえずりで目を覚ますのが、とても気持ちいいのよ。」とメールをいただきました。きっと、人生史上最も平和に夢から覚める体験ができるかも。

©PurePods Ltd

バルコニーでBBQをしたりワインを嗜みながら、この夕日を堪能するわけですね。おつまみは、マヌカハニーをかけたチーズに決まり!

Manakau Pure Pod

©PurePods Ltd

「Manakau Pure Pod」は、Korimakoよりもたどり着くまでの難易度が高め。南アルプス山脈から分岐した、カイコウラ山脈の中にポツリと佇んでいて、クライストチャーチから車で2.5時間ほど走った後に、30分ほど山道をハイキングすると見えてきます。(どのPure Podも、車だけではたどり付けない場所にあるそうです)。

仕事がうまくいかなかったり、キャリアチェンジに悩んでいたとしても、一晩この土地で過ごしてみるだけで視野が広がって、今までとはまったく違う考え方になるかもしれません。大げさではなく、そのくらい日常で感じている世界とはスケールが違うはず。

じっくり自分と向き合ったり、心を解放してあげる時間には申し分ない環境です。

©PurePods Ltd

旅疲れを癒すために布団に足を滑らせて、眠りにつく前にこの天の川を堪能する。邪魔するものは何もない、広大な自然にただ身を預けることは、東京に勤めていると思った以上に難しいことなんですよね。

真冬の容赦ない寒さに身を縮こめる前に、身も心も解き放たれるため「NZで逃避休暇」を希望しちゃいますね〜。

Top image: © PurePods Ltd
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
Facebookに投稿されてから12時間のうちに、100万回再生されて話題になった、ニュージーランド警察の求人動画。潜入して犯人を捕まえようとする警官、住...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...