ニュージーランドを知り尽くした男たちによる「究極のガイドブック」

かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思いこんでいた。でも、じつは、この南半球の小国はとてもアクティブでクリエイティブ。ITや起業、フード&ドリンク、アートやソーシャルにおいて、世界の最先端なのだとか。

「ここには、日本人が知らない魅力とコンテンツが限りなくある」。そう語るのは、音楽プロデューサーの職を捨てて2010年からニュージーランドで森の生活を送る、執筆家の四角大輔氏。50ヶ国近くを旅し、現地を熟知する彼が疑問に感じたのは、毎年、似たような情報ばかりでマンネリ化したガイドブックが多いことだという。

そこで、彼は、ニュージーランドのリアルな姿を正しく伝え、この国のイメージを一新するガイドブックを創る、という構想にたどりつく。

むき出しの
ニュージーランドを伝えたい

『Unplugged NEW ZEALAND〜未来の国のリアルを旅するガイドブック』

Unpluggedというのは、アコースティック構成による音楽パフォーマンス。ミニマムな生楽器と歌だけという「むき出し」の状態は、アーティストの「リアル=真髄」に触れることができる、とは四角氏の弁。

現段階ではまだ仮タイトルとのことだが、そのネーミングには彼の想いが込められている。

最強のチームによる
究極の一冊

ニュージーランドに移住して以来、自分を訪ねてきてくれる仲間や家族。また、この国に長く住む友人たち。「こんな素晴らしいのにガイドブックにすら載ってない」「もっと良いスポットやコンテンツがあるのに、なぜ?」。彼らの声は、四角氏の背中を押すきっかけとなる。

「先進的なニュージーランドのリアルな姿を届けたい」「これまでのガイドブックのスタイルにとらわれない究極の一冊にしたい」。独力では限界があると判断した四角氏は、ニュージーランド最強のチームを編成。メンバーは、ニュージーランド最大のメディア「NZdaisuki.com」代表の野澤哲夫氏、最も読まれているニュージーランド個人メディア「日刊ニュージーランドライフ」主催の長田雅史氏、ニュージーランド写真家の富永卓哉氏、そして四角氏となる。

4人に共通するのは、この国の「最新情報とリアル」を熟知して、何年間もニュージーランド情報を発信してきた強者たち。超ヒップな唯一無二のガイドブックができるのは間違いないだろう。

わずか1.5日で
目標額を達成

ガイドブックをつくるにあたりチームで合意された資金繰りは、個人からのピュアな支援を募るクラウドファンディング。理由としては、旅行会社や観光斡旋企業からの広告費で製作すると内容にウソや歪みが生じてしまうからなんだとか。

日本最大規模の「CAMPFIRE」で資金調達をしたところ、スタートから1日半という驚きのスピードで目標額の120万円に到達。さらに、ガイドブックをイメージ通りのカタチにするために200万円のストレッチゴールを呼びかけたところ、わずか5日目に達成した。

2月18日時点でのパトロン数は416人。募集終了まで40日あまりを残しながら資金調達に達成したことは、多くの期待の表れとも言えるだろう。現在、さらなるストレッチゴールの300万円を目指すべく、新たなリターンも追加された。達成した際には、書籍のボリュームアップや紙質のアップグレードも予定しているという。

ニュージーランドを「未来の国」とする四角氏。ハッピーに生きるためのすべてが揃ったこの国に多くの人々が訪れて、生きる上で「本当に大切なことは何か」を見つめ直すきっかけにして欲しい。

プロジェクトに共感できる方は、こちらからチェックしてみよう。

Top Photo by Daisuke Yosumi
Licensed material used with permission byCAMPFIRE

関連する記事

ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
ニュージーランドの11月は気温が上がり始めた初夏。冷え込みはじめた日本を抜け出す計画するなら「Pure Pod」が最高の宿泊先。初夏にオススメなのはこの3...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
ニュージーランド政府は、子どもたちがインターネット上で遭遇するリスクを保護者に伝えるキャンペーン「Keep it real online」を展開している。...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
12月3日、ニュージーランド政府がサイバー犯罪防止の啓発コメディドラマ『The Eggplant』を公開した。全6話構成で、YouTubeで視聴することが...
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
コロナ禍の影響で免疫力を高める効果が期待できると注目のマヌカハニー。そんななか、日本に初上陸したニュージーランド発マヌカハニーブランド「マヌカエンポリアム...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...