ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり

ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広がっています。

地下250メートルの
「星空」にうっとり

84105a81f4cc7c473e1151571f2ea05f0bb70dea

かの劇作家バーナード・ショウは、地底に広がるこの現実を目にし、「世界7不思議に次ぐ、第8の不思議である」、と称したそうです。どこか天然のシャンデリアのようにも思えてきます。

この地ならではの
ホタルの煌めき

7d8ccbe66173cefbfb4862f95f903e0ab0acae01

すでに、観光地として多くの人が訪れるこの洞窟で、浮世離れした美しい瞬きを演出しているのが、ニュージーランドにのみ生息するとされているこのツチボタルなんです。成虫になってわずか数日間の短い寿命をまっとうするかのように、この洞窟の中でひっそり、青く透き通った瞬きを見せてくれます。

洞窟内をゴムボートでクルージングして見て回るツアーは、もちろん一番人気。ですが、オークランド在住のカメラマンShaun Jeffersさんは、冷たい水の中に6時間から8時間浸かりっぱなしでこれらの写真を撮影しました。

では、美しさに引きこまれる地下250メートルの星空をご堪能あれ!

89023b3dc6d46f1851d31ff692559d54ed3cbc31F9709a7dda28dce130a170b3d65f94c7e9ddf6290af07026888d95d66e21e7e17954330de81c30a4E7dbf5cdd4a8059347994cee3966316d09ceacebA074c6758345c833ad865eb929a029a074bca3b732d2e962fa19d39829f138f9b988654b2e928839Ac4cddf7509a0ff0d9701e72e690085f6f3226e78c01ff04982faf8e73e91438bbcc69ab682307f12a5afdc0f00f000c581e1458d6cada384cffe4f54df180332fffc46586fa5e4ea7a310a09cc6bfcf

日本もいよいよホタルシーズン到来。たまには夜の野原に出かけてみませんか?

Licensed material used with permission by Shaun Jeffers, (Instagram)
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。