まるで『天空の城 ラピュタ』!ニュージーランドにある「洞窟の星空」が、神秘的すぎる

撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。そして、この青白く輝く光の正体は、なんと「土ボタル」と呼ばれる昆虫。ヒカリキノコバエやグローワームとも呼ばれています。

その神秘的な輝きは、一般的に知られている「ホタル」とはまたひと味違った魅力があるもの。ここで紹介するのは、そんな貴重な光を長時間露光で撮影した美しい写真の数々です。

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-2__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-4__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-5__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-6__880

土ボタルから垂れている光の糸は、獲物をとらえるためのもの。最大40cmほどまで伸び、お腹が空いているほどその輝きも強くなるのだとか。

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-8__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-10__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-11__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-12__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-13__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-14__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-16__880

撮影したのはニュージーランドを拠点に活動するメディアアーティスト「Joseph Michael」氏。彼いわく、土ボタルは1年中見ることが出来るもので、夏場は数が多く、冬はその輝きが増すといいます。

オーストラリアやニュージーランドでは、観光資源としても有名なもの。洞窟ツアーで実際に見に行くことも出来るようです。洞窟の中にいながら星空を見上げているかのような神秘的な光景はまるで『天空の城 ラピュタ』に出てくる飛行石のよう。一度は生で見てみたいものですね!

Licensed material used with permission by Joseph Michael

関連する記事

ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
LAのフォトグラファーがインスタに投稿した1本の動画。それは世にも美しい、神秘的な光景だった。
千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の滝」。都心からわずか1時間程度でアクセスできる、隠れ家的パワースポットです。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
ニュージーランド政府は、子どもたちがインターネット上で遭遇するリスクを保護者に伝えるキャンペーン「Keep it real online」を展開している。...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のInstagramに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマ...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
高知の街の象徴である日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は2019年1...
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...