飛べる・泳げる!小さな昆虫型ロボットがまるで「天空の城ラピュタ」・・・

この2つの動画を見てみましょう。

3e2114197a671f4e0a57b51bedc3739e8ee5941a

まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!

しかし、動けるのは空中だけではありません。次の動画を見てみましょう。

Eb12922e29f6ba366bfe550967ffb7c425875c40

今度は水の中を泳いでいる姿が。そう、このロボットは空水両用なんです。飛ぶ・泳ぐを両立するのは技術的にとても難しいと言われていましたが、ついにテストに成功。しかも、サイズに依存しない仕組みだというから驚きます。

空水両用
昆虫型ロボットが登場!

それってすごいの?と思うかもしれません。が、空を飛ぶために必要な羽と水中を泳ぐための羽では、必要な要素が全く違い両立が難しいと言われています。

空を羽ばたいて飛ぶためには大きな羽を使って揚力を生む必要がありますが、水中で泳ぐ際には空気と違い抵抗が強くなるため表面積は小さい方がベター。つまり、真逆の性質でもあるためどちらも成立させるのは至難の技だったそう。

C731827fb29447b43805adcbb64db7232d89d4ca25615f24b5d3edd886ca898b0cf58a094f2a3f9d779433ce133b6073fded59b61c6a1adf0e20bdf8

着水後に一度動きを停止し、ゆっくりと泳ぎ始めました。

開発に携わったハーバード大学マイクロ・ロボティクス研究室のケビン・チェン氏はこうコメントしています。

「水中も空中も羽の動きは前後に動いているだけで変わりません。違うのはスピードです」

『天空の城ラピュタ』の小型飛行機
「フラップター」も実現できる!?

残念ながら、今は有線で電力を供給しており、まだ水中から空中へと飛び立つことはできないそうです。が、それはまた次の段階。

今後開発が進めば、ペーパークリップよりも小さい偵察用デバイスとしてなど様々な用途で活躍が期待されています。

さらに注目すべきは「サイズに依存しない」とのチェン氏のコメント。人間が乗れるサイズの乗り物に応用できる可能性についても書かれています。

動画の昆虫型ロボット「Robobee」はその羽を1秒間に120回振動させて空を飛びます。が、羽のあたりを見ると、ちょっと『天空の城ラピュタ』に出てくる小型飛行機「フラップター」に似ているとは思いませんか?

Licensed material used with permission by Wyss Institute at Harvard
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...