Twitterで話題 「工場夜景」が、ため息の出る美しさ

非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。

ランドスケープカメラマンTakahiro Besshoさんも、その夜景に魅せられたひとり。まるで“現代のお城”、と氏が表現する4作品からまずはご紹介。

近未来の要塞?それともお城?
ため息のでる工場夜景

四日市大正橋
三重県四日市市、敷地面積1,018,340平方メートルのコスモ石油四日市製油所。

川崎東亜石油水江工場
神奈川県川崎市。工場夜景のメッカでもあるこの辺りは、「川崎夜景ツアー」として屋形船クルーズや、はとバスツアーが人気。

四日市塩浜
三重県四日市市。昭和四日市石油のコンビナート。金属質のディテールでメタル感満点の夜景。

北九州苅田
福岡県北九州市。ライトアップされた三菱マテリアルのプラント。

全国的な工場夜景ブームのなか、いま工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつあるようです。とくに、日本でも有数の工場地帯である神奈川県川崎市や北海道室蘭市などでは、工場見学のためのナイトクルーズやバスツアーに予約が殺到。

鉛色の無機質な昼の顔とは一変、無数のプラントがライトアップされた夜の工場地帯には、時空を超えた力強さやダイナミズムを感じずにはいられません!

非日常の異世界に
タイムスリップ!

ここからは、さらにディテールに迫った写真をご紹介。遠くから見ている工場のイメージと、全く違った表情をしているんですね。う〜ん、見れば見るほどフシギな世界。まるで異世界、この非日常性に人々は魅了されるのかも。

Licensed material used with permission by Takahiro Bessho
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
コバトパン工場のスペキュロス缶。スペキュロスは、スパイスがきいたクッキーのことで、コーヒーや紅茶だけでなく、ミルクにも合う、食べごたえ満点のお菓子。じつは...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
現在、海外で大ブームになっているハンドスピナー。人気の秘密は、ただ回すだけでリフレッシュやストレス解消ができる点。故に、日本でも地味にハマる人が増えてきつ...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
スイスのメーカーが開発した「Chairless chair」は、背中からかかとまで続く拘束具のような風貌。これ、中腰になるとロックがかかり固定されることで...
デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...