「町工場×DJ」の音楽レーベル

まさかバネ工場の機械音がかっこいい音楽になるとは思わなんだなー! っと驚かされたプロジェクトが「INDUSTRIAL JP」。日本の町工場をレーベル化する計画です。

工場内に繰り返し鳴り響く音を再編集。映像と掛け合わせた作品群が、シブくてグッド。

ジャンル名は"エレクトロ・テック・ファンク”。まずは「小松ばね工業」の作品からチェック! レーベル発足のきっかけです。

レーベルの主役は、日本のテクノロジーを支える高い技術力を持った町工場。上の動画は、小松ばね工業の工場内で録音された音と、社員によって撮影された記録用映像をもとに、DJ TASAKAがリミックスしたものです。

プロジェクトページには各社へのインタビューが掲載されており、それぞれの作品に内包されているであろう職人魂が感じられます。

機械を買えば誰にでもできる?
そう簡単ではない

工場って機械を買っちゃえばあとは全部自動なんでしょ?と思ったら大間違いで、より小さいバネをつくるために細い材料を使うようになれば、機械にセットするツールも小さくなければいけません。手作業で、顕微鏡を覗きながら、糸ノコのような道具で溝をつくり込む作業が必要です。

そのためのツール製作や調整も自社で行っており、経験を積んだ上でやっとチャレンジできますが、根気よく継続する力や感性も必要になるため、1人前になるには10年かかると言われています。

その道8年の若手、佐々木氏はこうコメント。

 

「失敗すれば全部やり直し。1回セットしたものを全部ばらしてもう1回やり直す。それで最初からまたつくっていくと、今度はうまくできてる、って時もあれば、余計ひどくなる時もある。とりあえず試してみるしかない。大体1発で狙った通りにはならないんですよ。試作と調整を繰り返してだんだん図面に近づけていく。修行ですね、修行(笑)」

 

機械があるからと言って一朝一夕に製品が生まれていくわけではないのです! どんなに小さなパーツも、職人たちのたゆまぬ努力によって成り立っています。上述した例は、ほんの一部。

とはいえ、よくもまあこんなマニアックなインタビューを……と思ってしまうのも正直なところ。なんでも、ものづくりの現場で取材を続けているうちに、制作陣がその魅力にすっかりハマってしまったらしい。

「小松ばね工業」で作られている製品。

「浅井製作所」で作られている製品。

INDUSTRIAL JP」は、工場内の機械音や動作に心の底から惚れ込んだ人々によって運営されています。音楽を制作するために各工場で話を聞いていたところ、町工場の高い技術力と、それによってつくられた最先端の製作物に驚かされる一方だったとか。
 
その影響もあり、日本の町工場の高い技術力を絶やさぬよう魅力を発信し、国内の製造業を盛り上げる一助になりたいと考えるように。
 
結果、ミュージックビデオだけにとどまらず、精密切削加工で知られる「由紀精密」の大坪社長とともに有志でレーベルを設立し活動していくことになりました。

小松ばね工業

浅井製作所(ねじ)

DOMMUNEには、小松ばね工場・浅井製作所の各社長が出演。インタビューではさらに濃い話が。もちろん、参加DJによるパフォーマンス、工場音や映像をその場でリアルタイムミックスするなど、実験的な試みも。

webサイトには、広い敷地に複数の建物を擁するばね工場、たった1人で操業している小さなねじ工場、その他インサート金具、歯車、金属プレスなど、幅広いジャンルの工場と工作機械が紹介されています。
 
作品では、最先端のテクノロジーとミュージックがシンクロする快感をぜひ体感してほしいとのこと。
Licensed material used with permission by INDUSTRIAL JP
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」でiphoneを使ったセルフィー&スナップを実施。「最近ハマっていることは?」や「地球最後の日、何をする?」といったアンケ...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
現在、海外で大ブームになっているハンドスピナー。人気の秘密は、ただ回すだけでリフレッシュやストレス解消ができる点。故に、日本でも地味にハマる人が増えてきつ...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...