ピタゴラスな楽器を自作「Martin Molin」

スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モリンが、14カ月もの月日をかけて手作りした楽器は、つくりがフクザツすぎてメロディを奏でるための準備に約30秒くらいかかるっちゃいますが、そのカラクリ感に注目。フツーじゃありません。

ベース音が始まる55秒からは必聴。

ピタゴラスなしかけが凄い!

クジ引きのガラガラのようにハンドルを回転させると、述べ3,000個にも及ぶ木製の歯車などのパーツが連動し、パチンコ玉のようなボールを次々と運んでは、鉄琴やパッドに落として音を出します。本体にはエレキベースまで、まるごと組み込まれてます。とにかく複雑怪奇な仕上がり。何がどう機能しているのかほとんどわかりません。

自動のように見えますが、手動操作も重要なつくりのため、どうやって楽曲を構成しているのか見てるだけで頭がこんがらがってきますが、カタカタと鳴る雑音なども含めてつい見入ってしまうシロモノ。テンポを自然にスローダウンさせる演奏の終わり方は、ナルホドニヤリと言った感じ。

彼の所属する「Wintergatan」は、もともと多彩な楽器を用いるバンドとして大人気。興味がわいた人は、楽器の製作工程もどうぞ。

Licensed material used with permission by Marble Machine by Swedish band Wintergatan, YouTube, YouTube Channel, Website, Facebook,
そのほかの「規格外の音楽家たち」
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
「Davie Biale」は、エレキベースを操るミュージシャン。しかし、1本も弦がない!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
追加アーティストも発表! 7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
ラップタッピングと呼ばれる独自の演奏法を考案したギタリストを紹介。
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
機能が限られている楽器には可能性が詰まっている。世界の魅力的な機械を紹介します。