現代音楽家「Koka Nikoladze」が使う楽器はモーターとネジ

モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!

ノルウェー在住の現代音楽家・Koka Nikoladzeさんの自作楽器『Koka's Stepper Miniature』を紹介します。

「モーターがまわる音をマイクで拾い、アンプに繋いでいます。回転するスピードを調整して12音階使える表現力豊かな楽器です。キーボードはネジ。微分音(テルミンみたいな音)にしようと思っていましたが、十分ギークな音が出て満足しました。妻のお気に入りです」

※両手をつかいはじめてから目が離せない!

Licensed material used with permission by Koka Nikoladze
他の記事を見る
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
機能が限られている楽器には可能性が詰まっている。世界の魅力的な機械を紹介します。
手で歯車を回して演奏するビートマシーン。メロディやリズムパターンの組み替えもマニュアルです。
メロディやリズムパターンの組み替えをマニュアルで行えるビートマシーンの2号機です。1号機と比べると少し電気的になりましたが、音は完全にアコースティック。
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
「Davie Biale」は、エレキベースを操るミュージシャン。しかし、1本も弦がない!
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。