科学技術を駆使して目で見る音楽『Science Vs. Music』

『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見えるテスラコイルなど、あらゆるテクノロジーを駆使して音楽を可視化!

「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそうです。作り手は、ミュージシャンのNigel Stanfordさんと、ニューヨークで音楽フィルムを制作している、Shahir Daudさん。

音そのものを可視化するって新鮮です。

Licensed material used with permission by Nigel Stanford

他の記事を見る
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。