科学技術を駆使して「見た」音楽とは?

『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。

電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使して視覚化!

「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそうで、作り手は、ミュージシャンのNigel Stanfordさんと、ニューヨークで音楽フィルムを制作している、Shahir Daudさん。

もちろん音楽って生で見て楽しむエンターテインメントでもあるけれど、音その物を可視化するって新鮮です。

Licensed material used with permission by Nigel Stanford

2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...