ギタリスト「Robin Sukros」の徹底的な楽器改造

ベルリンのギタリスト「Robin Sukroso」は、ギターを弾くことだけにこだわっていない様子。

楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!

彼、楽器に取り付けたパッドを叩き、フェーダーを操作し、ビートを生み出したり、シンセサイザーのように音を変化させます。

ギターの改造だけにとどまらず、本体に貼って機能を拡張できるオリジナルのMIDIコントローラーまでつくってしまいました。世界中で話題になった「ACPAD」の開発者なのです。

※再生時の音量にご注意ください。

ギターの本体が、楽器の一部みたいですよね。

Licensed material used with permission by RobinSukroso
andmore
他の記事を見る
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
ラップタッピングと呼ばれる独自の演奏法を考案したギタリストを紹介。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
百聞は一見にしかず。彼の演奏を動画で見てみて。人間離れした演奏にびっくりするはず。ドキュメンタリー番組の放送も近づいているので、今のうちにおさらいしておい...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
「Davie Biale」は、エレキベースを操るミュージシャン。しかし、1本も弦がない!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。