「Eric Mongrain」のギタープレイはまるでピアニスト

一般的なギターの弾き方は、片手でコードを押さえて、もう片方の手で弦を爪弾きます。だけど、彼は楽器を横たわらせ、膝の上にのせてピアノのように弾くんです。

カナダ・モントリオール生まれのギタリスト、Eric Mongrainは、14才から独学でギターの弾き方を覚えた人物。タッピング奏法の元祖と言われているMichael Hedgesに衝撃を受け、ラップタッピングと呼ばれる独自の演奏法を考案しました。

その珍しさと美しいサウンドで一躍話題になった彼ですが、本人にとっては数ある楽曲のうち、ラップタッピング奏法は5%ほどの使用頻度だそうです。

Licensed material used with permission by Erik Mongrain
そのほかの「規格外の音楽家たち」

関連する記事

マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...