ギタリスト「Rhysonic」のスタイルは車輪演奏

え、どゆこと?と思う人が大半かもしれませんが、コレを見てください。なんか、ものすごい勢いで回転している機械が。注目です!

クルクル回転する車輪の先についたムチみたいなもので、弦をバシバシ叩いてます。何してるんだろうこの人……、と疑問が浮かぶのは、きっと音ナシで見ているから。

これでイイのです。

右手を使いはじめる
#0分45秒から必見!

大道芸的な見た目が派手ではありますが、演奏にはそれ以上の魅力が。

「Rhysonic」名義で活動するギタリストのPete O'Connell氏は、子供の頃すでにこのスタイルの着想を得ていたというからビックリ。

きっかけは、回転する自転車のスポークに、キャラクターカードを当てたときの音だそうです。あーやったことあるなあ! って人も多いはず。パタパタと一定のリズムを刻む音がなんとなく想像できるでしょうか? 大好きだったあの体験を、実際に楽器にし、新しい演奏法にまで落とし込んでしまったのが彼というわけです。おみそれいたしました。

いまはストリートミュージシャンとして世界中を演奏しながらまわっている様子。一度生で見てみたいものですね。ちなみに、4つ目の動画で彼が着ているTシャツを見てみて。とっても親近感がわいてきます。

 

Licensed material used with permission by Rhysonic, Facebook
そのほかの「規格外の音楽家たち」

関連する記事

ラップタッピングと呼ばれる独自の演奏法を考案したギタリストを紹介。
百聞は一見にしかず。彼の演奏を動画で見てみて。人間離れした演奏にびっくりするはず。ドキュメンタリー番組の放送も近づいているので、今のうちにおさらいしておい...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...